カスタマイズ

一覧画面を表示した時

概要

一覧画面を表示したときにアクションを実行します。

使い方

ユーザーが一覧画面を表示したときにアクションを実行する条件として指定します。 画面を表示した最初の一回だけ条件を満たします。

PCの一覧画面、スマートフォン用の一覧画面のどちらの場合でも発動します。

一覧画面が複数ページになるとき、「<」「>」を押してページ移動した場合にも条件が発動します。

カスタマイズされた一覧画面と組み合わせる際の注意事項

テーブルデータを表示できる一覧画面を作成する」や「一覧画面と詳細画面の複合画面を作成する」のように「カスタマイズ」タイプの一覧画面を使用する場合、「一覧画面を表示した時」のタイミングではこれらの「やること」が作成するユーザーインターフェースは完成していません。

カスタマイズされた画面が完成した後に処理を行いたい場合は、「一覧画面を表示した時」ではなく、「テーブルデータを表示できる一覧画面を作成する」等を行うアクションに対して「他のアクションの実行が完了した時」に処理を行うようにしてください。

krewSheet 使用時の注意事項

krewSheet を使用している一覧画面では、この「一覧画面を表示した時」が発生するのは krewSheet が表示されるより「前」になります。

「一覧画面を表示した時」のタイミングでフィールドの値を変更したり、フィールド(セル)の無効化や色変更をしたりする操作は、krewSheet がまだ表示されていないために動作しません。krewSheet を使用している一覧画面で、表示時のタイミングでこれらの操作を行いたい場合、「一覧画面を表示した時」ではなく「krewSheet を表示した時」を使用してください。

krewSheet を使用している一覧画面であっても、「ボタンをメニュー位置に配置する」など、krewSheet を操作しない「やること」は「一覧画面を表示した時」で問題なく動作します。

既知の問題

krewSheet が入っている一覧画面で、この「一覧画面を表示した時」条件に対して「情報ダイアログを表示する」や「確認ダイアログを表示する」などのダイアログを表示する「やること」をセットすると、krewSheet が表示されないという問題があります。

この場合、「一覧画面を表示した時」の代わりに、「krewSheet を表示した時」を用いてください。

使用例