レコードのロック状態をスペースに表示する

概要

レコードのロック状態をスペースに表示します。

使い方

レコード編集画面をロックする」を組み込んだカスタマイズで使用します。

「レコードのロック状態をスペースに表示する」は主にレコード詳細画面で使用し、現在表示しているレコードが、「レコード編集画面をロックする」によってロックされているかどうかをチェック、表示します。

ロックされていない場合 ロックされている場合

ロックされているかどうかのチェックはアクションを実行したときのみ行われ、そのあとでほかの誰かがレコードをロックしても、「レコードのロック状態をスペースに表示する」で表示済みの内容は即座には更新されません。この場合、ユーザーが画面をリロードするか、他の手段でもう一度「レコードのロック状態をスペースに表示する」を行うことで表示が更新されます。

2つ以上異なるアクションで、同じスペースに対して「レコードのロック状態をスペースに表示する」した場合、スペース内の状態表示は1つになります。2つ目のアクションでは、再度ロック状態を確認~表示内容を更新します。一方、2つ以上の異なるスペースに対して「レコードのロック状態をスペースに表示する」した場合は、それぞれのスペースにロック状態が表示されます。

設定するパラメーター

「場所」を設定します。

場所

表示するスペースフィールドを指定します。

使用例