エラーチェックを行ってエラーがあった時

概要

エラーチェックを行うアクションの結果がエラーだった場合に、そのエラーチェックが完了した時にアクションを実行します。

使い方

必須チェックを行う」のように、フィールドの値に対してエラーチェックを行うアクションを行って、そのチェックにパスできずにエラーになった時に別のアクションを実行したい、というような場合に使用します。

ただし、エラーチェック以外の原因による別のエラーだった場合は、「エラーチェックを行ってエラーがあった時」の条件は満たされません。例えば、「フィールドが見つかりません」といったエラーの場合は、「エラーチェックを行ってエラーがあった時」とはみなされません。

設定するパラメーター

「アクション」を設定します。

アクション

エラーチェックアクションを選択します。

複数のアクションを選択することができます。複数のアクションを選択した場合、それらのうち1つでエラーが発生すると、その時点で「エラーチェックを行ってエラーがあった時」の条件が満たされます。「他のアクションの実行が完了した時」と異なり、全てのアクションの完了を待つことはありません。まだ完了していないアクションが残っていても、エラーが発生したアクションが1つでもあれば、その時点で「エラーチェックを行ってエラーがあった時」の条件が満たされます。

選択可能なのはエラーチェックを行う「やること」がセットされたアクションのみで、それ以外の「やること」がセットされているアクションは選択できません。エラーチェックを行う「やること」は現在以下のものがあります。

これらのエラーチェックを行う「やること」は、チェック対象のフィールドを複数選ぶことができるものがほとんどですが、複数フィールドのうち少なくとも1つでのエラーが発生すれば、「エラーチェックを行ってエラーがあった時」の条件が満たされることになります。