カスタマイズ

一覧画面に1つのキーワードで複数フィールドを検索する検索フォームを設置する

概要

一覧画面にキーワードで検索する検索フォームを設置します。1つのキーワードで複数のフィールドを検索します。

使い方

「一覧画面に1つのキーワードで複数フィールドを検索する検索フォームを設置する」を実行すると一覧画面に検索フォームが表示されます。ユーザーがこの検索フォームに検索条件を入力し「検索」ボタンを押すと、一覧画面に表示されるレコードのリストがさらに絞り込まれます。この時の絞り込み条件は、「検索条件フィールド」パラメーターで指定されているフィールドのいずれかで指定キーワードを含むレコード、となります。

ユーザーが現在選択している kintone の「一覧」に絞り込み条件が付いている場合、「一覧」に絞り込み条件と、ユーザーが検索フォームで入力した条件を「かつ(AND)」で結んだ条件で検索します。つまり、もともとの「一覧」の条件からさらに絞り込む形になります。

フォームの表示位置はメニューの横になります。

メニューの横

設定するパラメーター

「検索条件フィールド」「ラベル」を設定します。

検索条件フィールド

検索条件として検索フォームに表示したいフィールドを選択します。複数のフィールドを選択することができます。

選択可能なフィールドタイプは以下の通りです。

  • 文字列(1行)
  • 文字列(複数行)
  • リッチエディター
  • 添付ファイル
  • リンク
  • ルックアップ(文字列)

添付ファイルフィールドについては、ファイル名とファイルの内容が判定の対象になります。

アプリに関連レコード一覧のフィールドがある場合、その関連レコード一覧が参照するアプリのフィールドも検索条件にすることができます。その場合も、選択できるフィールドタイプは上記と同じです。

どのフィールドも検索時は「(検索条件として入力したキーワードを)含む」の条件で検索します。

ラベル

検索フォームの検索条件入力欄につけるラベルを指定できます。

上級者向け情報

設置されたフォームのHTML要素には、customine-searchform-simpleというID値がつきます。フィールド入力欄、検索ボタンはそれぞれ div で囲まれています。これを利用して、アプリに CSS ファイルを登録すればフォーム表示スタイルをカスタマイズできます。

以下の例は、検索フィールドの入力欄を標準より小さくします。

#customine-searchform-simple div:first-child input {
  width: 80px;
}

制限事項