郵便番号から住所を検索する

概要

郵便番号を入力して住所を検索して、フォームに住所を自動的に入力する機能を提供します。

使い方

例えば「住所検索」のようなボタンを押したときに検索を実行したい場合、事前にボタンを配置しておきます。

設定するパラメーター

「郵便番号フィールド」「都道府県フィールド」「住所(1)フィールド」~「住所(4)フィールド」を設定します。

郵便番号フィールド

郵便番号の値を入力するフィールドを指定します。

都道府県フィールド

検索結果で得た都道府県名をセットする先のフィールドを指定します。

セット先がドロップダウンなどの選択式のフィールドの場合、選択肢は「富山県」のように「県」などを末尾につけてください。 選択肢が「富山」のように「県」を省略した形だと、エラーになります。

住所(1)フィールド

住所(2)フィールド

住所(3)フィールド

住所(4)フィールド

市区町村名以降の住所をセットするフィールドを選択します。

通常、住所(1)が市区町村名、住所(2)は町域名になり、住所(3)(4)は予備になります。

住所(1)~住所(4) を同じフィールドにすることもできます。 その場合、市区町村名、町域名などをつなげて1つのフィールドにセットします。

制限事項

「郵便番号フィールド」で選択できるフィールドタイプは以下の通りです。

  • 文字列(1行)
  • ドロップダウン

「都道府県フィールド」で選択できるフィールドタイプは以下の通りです。

  • 文字列(1行)
  • 文字列(複数行)
  • リッチエディター
  • ドロップダウン

「住所(1)フィールド」~「住所(4)フィールド」で選択できるフィールドタイプは以下の通りです。

  • 文字列(1行)
  • 文字列(複数行)
  • リッチエディター

フィールドの値を編集して値が変わった時」の「一覧画面の鉛筆を押した時も含める」場合には対応していません。エラーにはなりませんが、実行してもフィールドに住所がセットされません。

使用例