テーブルの行を並べ替える

概要

編集中のテーブルの行を指定のフィールドで並べ替えます。

使い方

設定するパラメーター

「テーブル」「キーとなるフィールド(1)~(3)」「並び順(1)~(3)」を設定します。

テーブル

対象となるテーブルを選択します。

キーとなるフィールド(1)

キーとなるフィールド(2)

キーとなるフィールド(3)

並び順の基準となるフィールドを選択します。

(1)がもっとも優先され、次いで(2)(3)の順になります。 つまり、(1)の値が同じものは(2)の順番で並び、(1)も(2)も同じであれば(3)で並びます。

(2)(3)は省略可能です。

並び順(1)

並び順(2)

並び順(3)

昇順に並べるか、降順に並べるかを指定します。

キーとなるフィールド(2),(3)を省略した場合、並び順(2),(3)の設定は無視されます。

制限事項

レコード一覧画面では使用できません。レコード一覧画面で使用するとアクション実行時にエラーが表示されます。

レコード詳細画面でも並べ替えを行うことが可能です。 ただし、見かけ上の並びを変更するだけで、レコードデータは更新されません。

以下のフィールドは、キーとなるフィールドに選べません。

  • チェックボックス
  • 複数選択
  • 添付ファイル
  • ユーザー選択
  • 組織選択
  • グループ選択
  • テーブル
  • グループ

指定できるフィールドは3つまでになります。 4つ以上のフィールドでの並べ替えには対応していません。

ルックアップなどを含むテーブルのソートについて

レコードを保存する直前(削除時は除く)」のようにレコードを保存する直前に実行する場合、 ルックアップや計算フィールドなどを含んだテーブルは正常に並べ替えされません。それ以外のタイミングであれば並べ替え可能です。

これは、kintone の仕様により保存直前に修正できないフィールドであるためです。

保存直前に修正できないフィールドは以下のようになります。

  • レコード番号
  • 作成者
  • 作成日時
  • 更新者
  • 更新日時
  • ステータス
  • 作業者
  • 計算
  • 自動計算にした文字列1行
  • 添付ファイル
  • ルックアップ
  • ルックアップコピー先フィールド

https://developer.cybozu.io/hc/ja/articles/202166270#step4

使用例