テーブルの表示行を絞り込む

概要

テーブルの表示行を指定の条件で絞り込みます。表示を絞り込むだけでデータは変更しません。

使い方

テーブルのデータを変更せずに、見た目の表示だけを一部の行だけ表示するようにしたい場合に使用します。

複数の条件を「かつ(AND)」で組み合わせたい場合は、複数の「テーブルの表示行を絞り込む」をつなげていきます。「または(OR)」でつなぐことはできません。

「テーブルの表示行を絞り込む」を複数行った場合、絞り込み状態の上に重ねて絞り込みが行われます。それまでの絞り込みをクリアーして再絞り込みを行いたい場合は、いったん「テーブル表示行の絞り込みを解除する」で絞り込みを解除後、「テーブルの表示行を絞り込む」を行ってください。

テーブル全体を「フィールドやグループを非表示にする」で非表示にした状態で「テーブルの表示行を絞り込む」こともできます。その後「フィールドやグループを表示する」でテーブルを表示すると、絞り込まれた状態のテーブルが表示されます。

設定するパラメーター

「テーブル」「条件になるフィールド」「条件」「比較値」を設定します。

テーブル

絞り込みを行う対象のテーブルを選択します。

条件になるフィールド

絞り込みの条件になるフィールドを対象のテーブルから選択します。

テーブルの外にあるフィールドや、別のテーブルにあるフィールドは選択できません。

条件

「等しい」「大きい」などの比較方法を選択します。

比較値

「比較値」は、フィールド値と比較する値を設定します。直接入力または式を使用することも可能です。

制限事項

一覧画面には対応していません。

スマートフォン版の画面には対応していません。

レコード編集画面や追加画面で、「テーブルの表示行を絞り込む」の後にテーブル内のフィールド入力値を修正しても自動的には再絞り込みを実施しません。

レコード編集画面や追加画面では、絞り込みの結果「行が1つもない状態」にならないように注意してください。行が1つもない状態になってしまうと、画面上で行追加ボタンがなくなってしまいます。

テーブルの行を並べ替える」と組み合わせる場合、順番に注意してください。レコード編集画面や追加画面で、先に「テーブルの表示行を絞り込む」してから、そのあと「テーブルの行を並べ替える」と、絞り込みの状態が正しくなくなります。レコード編集画面・追加画面では先に並べ替えを行うようにしてください。

  • レコード詳細画面
    • OK:「テーブルの行を並べ替える」⇒「テーブルの表示行を絞り込む」
    • OK:「テーブルの表示行を絞り込む」⇒「テーブルの行を並べ替える」
  • レコード編集・追加画面
    • OK:「テーブルの行を並べ替える」⇒「テーブルの表示行を絞り込む」
    • NG:「テーブルの表示行を絞り込む」⇒「テーブルの行を並べ替える」