フィールドやグループを非表示にする

概要

指定のフィールドやグループを非表示にします。

使い方

設定するパラメーター

「フィールド」を設定します。

フィールド

非表示にしたいフィールドやグループを選択します。 複数選択することが可能で、選択したフィールド全てを同時に非表示にします。

krewSheet 対応状況

対応しています。

krewSheet で使用した場合、列全体が非表示になります。

制限事項

krewSheet の場合を除き、一覧画面では使用できません。krewSheet の場合は、上記の通り、対応しています。

制限事項

テーブルの列になっているフィールドを指定することで、列を非表示することが可能ですが、この場合以下の制約があります。

  • アクションを実行してから実際に画面から見えなくなるまで、少し間隔が開く場合があります。
  • レコード詳細画面で列を非表示にした場合、ユーザーが編集アイコンでレコード編集画面へ移動すると、列は非表示のままになります。同様に、レコード編集画面で列を非表示にした場合、保存やキャンセル後にレコード詳細画面へ戻ると、列は非表示のままになります。
    • 編集画面と詳細画面で表示・非表示する列を異なるものにしたい場合は、編集画面、詳細画面それぞれで「フィールドやグループを非表示にする」や「フィールドやグループを表示する」アクションを実行して切り替えるように設定してください。
  • テーブルをスプレッド化する」と組み合わせる場合、先に「フィールドやグループを非表示にする」で列フィールドを非表示にし、後で「テーブルをスプレッド化する」必要があります。順番が逆だと、非表示になりません。また、一度非表示にした列を「テーブルをスプレッド化する」した後に再度表示することもできません。
  • スマートフォン版の画面では、動作しません。

使用例