計算フィールドの値が変わった時

概要

計算フィールドの値が変わった時にアクションを実行します。

使い方

似たような条件に「フィールドの値を編集して値が変わった時」がありますが、計算フィールドは直接編集することができませんので、 「フィールドの値を編集して値が変わった時」で計算フィールドを選ぶことができません。

また、計算フィールドの計算式の元になっているフィールドを「フィールドの値を編集して値が変わった時」で選んでも、 そのフィールドが変わった段階ではまだ計算が行われていないので、変更後の計算値を取得することができません。

「計算フィールドの値が変わった時」を用いれば、計算値が実際に変わった直後を検出することができ、計算後の値も取得することができます。

設定するパラメーター

「フィールド」を設定します。

フィールド

計算フィールドを選択します。 複数選択することができ、その場合、選択したフィールドのどれか1つで値が変わったときにアクションが実行されます。

制限事項

レコード追加画面、レコード編集画面のみに対応しています。

テーブル内のフィールド(列)には対応していません。

一覧画面の鉛筆ボタンを押して編集した場合には対応していません。

使用例