レコード中のフィールド最大値を計算する

概要

事前に取得したレコードを対象に、指定したフィールドの最大値を計算します。 計算した結果は別のアクションで使用することができます。

使い方

設定するパラメーター

「レコード選択アクション」「計算するフィールド」「結果をセットするフィールド(省略可)」「レコードが1つもなかった場合」を設定します。

レコード選択アクション

アクションの一覧から、計算対象のレコードを取得したアクションを選択します。

計算するフィールド

最大値を計算するフィールドを選択します。以下のフィールドタイプが選択可能です。

  • レコード番号
  • 数値
  • 計算
  • 日付
  • 日時
  • 時刻
  • 作成日時
  • 更新日時

テーブル内のフィールドは選択できません。

結果をセットするフィールド(省略可)

計算結果を他のフィールドにセットする場合に指定します。直接フィールドにはセットせず、計算結果を別のアクションで使用したい場合は、省略できます。

以下のフィールドタイプが選択可能です。テーブル内のフィールドは選択できません。

  • 文字列(1行)
  • 文字列(複数行)
  • リッチエディター
  • 数値
  • 日付
  • 日時
  • 時刻

セット先のフィールドタイプと計算結果のタイプが合わなかった場合は、実行時にエラーになります。

レコードが1つもなかった場合

「レコード選択アクション」の結果にレコードが1つもなかった場合の動きを選択します。選択に応じて、レコードが1つもなかった場合の「結果をセットするフィールド」に入れる値、およびアクションの結果値が以下のようになります。

パラメーター値 「結果をセットするフィールド」に入れる値 アクションの結果
何もセットしない フィールドの値は変更しない undefined
空白をセット 値がクリアされる undefined
ゼロをセット 0 0
NaNをセット NaN NaN

使用例