max 関数

説明

引数として配列を受け取って、その配列内の最大値を返します。

数値を表さないものを指定すると NaN (数値ではないことを示すもの)が返ります。

使用例

以下の例は、フィールドコードが「Table」であるテーブルの「数値」列の最大値に1を足した値を求めます。

= max(Table.数値) + 1

以下の例は、フィールドコードが「Table」であるテーブルの「数値」列の最大値と最小値の比率を求めます。

= min(Table.数値) / max(Table.数値)