Job Runner

キーを指定してレコードを取得する

概要

指定アプリから指定キーでレコードを取得します。

使い方

「キーを指定してレコードを取得する」を行うアクションよりも先に「kintone 接続設定を行う」を行うようにアクションを配置します。

取得したレコードは別のアクションで使用することができます。

設定するパラメーター

「取得元アプリ」「API トークン」「キーとなるフィールド」「キーの値」「最大取得件数」を設定します。

取得元アプリ

どのアプリからレコードを取得するのかを選択します。

API トークン

取得元アプリにアクセスするための API トークンを指定します。「kintone 接続設定を行う」を行うアクションの中から選択します。

その API トークンにはレコード閲覧権限が必要です。

キーとなるフィールド

レコードを取得する際のキーとなるフィールドを選択します。

テーブル内のフィールドは選択できません。

以下のフィールドタイプは選択できません

  • カテゴリー
  • テーブル
  • 関連レコード一覧
  • グループ
  • スペース

キーの値

取得するレコードのキーの値を入力します。

最大取得件数

キーに合致するレコードが多い場合、このパラメーターを設定しておくと、取得件数を制限します。このパラメーター値を省略すると、キーに合致するレコードをすべて取得します。

合致するレコードの数が多いと、すべて取得するのは時間がかかります。そのような場合、このパラメーターを小さめの値にしておくと処理時間を短くすることができます。

レコード取得条件の発生有無

条件 発生有無
レコード1行が準備できた時 発生します
レコード全行が準備できた時 発生します

※ 条件に合致するレコードが1行も存在しなかった場合は発生しません。

使用例