カスタマイズ

フィールドの全ての選択値が指定の値のいずれかと等しいならば

概要

指定された選択フィールドで選択されている値のすべてが、複数の値のいずれかに一致する場合に条件が満たされます。

使い方

この条件を別の表現で言うと、「フィールドで選択されている値の集合をA、比較値の集合をBとするとき、A⊂B」と言い換えることができます。

例えば、比較値が X,Y,Z という3つの値だったとして、条件の判定は以下のようになります。

  • フィールドの選択が X,Y ⇒ 条件を満たす
  • フィールドの選択が X,Y,Z ⇒ 条件を満たす
  • フィールドの選択が X,Y,Z,W ⇒ 条件を満たさない(Wが比較値にないため)

フィールド値が空だった場合は、比較値に関わらず条件は満たされたことになります。

設定するパラメーター

「フィールド」「比較値」を設定します。

フィールド

チェックするフィールドを選択します。

選択可能なフィールドタイプは以下の通りです。

  • チェックボックス
  • 複数選択
  • ユーザー選択
  • 組織選択
  • グループ選択

テーブル内のフィールド(列)を指定する場合、テーブルのどの行を条件にすればよいのかを特定できるように「やること」や1つ目の「条件」を組み合わせる必要があります。

比較値

比較したい値をカンマ区切りで指定します。

前後のスペースは無視され、全角半角、大文字小文字は区別されません。

ユーザー選択と比較したい場合はログイン名、組織選択と比較したい場合は組織コード、グループ選択と比較したい場合はグループコードで指定してください。

式を用いて複数選択フィールドやチェックボックスの値を指定することも可能です。この場合、フィールドの選択肢すべてではなくて、現在選択されている値になることに注意してください。例えば以下の式の場合、「フィールド」で指定したフィールドの値が、「複数選択_1」フィールドで選択されている値のいずれかに一致した場合に条件が満たされます。

= 複数選択_1
上級者向け情報

式を用いて指定する場合、配列形式での指定も可能です。

= [通知日_1, 通知日_2, 終了日]

条件の反転

この条件を反転すると「フィールドの選択値のうち指定の値のいずれとも等しくないものがあるならば」に変わります。

krewSheet 対応状況

対応しています。