リッチエディターフィールドに値をセットする

概要

リッチエディターフィールドフィールドに値をセットします。改行やスタイルを含むテキストをセットできます。

使い方

設定するパラメーター

「フィールド」「値」を設定します。

フィールド

セット先のフィールドを選択します。リッチエディターフィールドのみ選択可能です。

テーブル内のフィールドを指定した場合、特別な場合(*1)を除き、テーブル内のすべての行に対してセットされます。

(*1) 条件側で、「フィールドの値を編集して値が変わった時」のように、テーブル行を限定するように条件が入っている場合は、対象の行だけセットされます。

セットする値を設定します。

文字列の中に、他のフィールドの値などを入れたい場合は、${フィールド} という表現を用います。

krewSheet 対応状況

対応していません。

krewSheet ではリッチエディターフィールドを編集することができないためです。

注意事項

${フィールド} 部分に文字色や文字サイズなどのスタイルを当てたい場合、「${」から「}」までの ${フィールド}全体を選択してスタイル適用してください。${} 部分を除いて「フィールド」部分だけにスタイルを適用した場合、正しくフィールドの値が取れません。