タブグループを作成する

概要

指定の場所(スペース)にタブグループを作成します。

4つのタブを設置したタブグループ

使い方

タブグループを作成しても、それだけでは画面は何も変化しません。作成したタブグループに対し、「タブグループにタブを追加する」を行うことで画面上にタブが現れます。

タブを使用すると、アプリにたくさんのフィールドがある場合に、画面で一度に表示するフィールドを減らすことができます。タブグループ内にあるフィールドのうち、現在選択されているタブに入っているフィールドだけが表示され、タブグループ内の残りのフィールドは非表示になります。

kintone標準の「グループ」と似ていますが、タブグループの場合は以下のような特徴があります。

  • 必ず1つのタブが表示され、残りは非表示になります。
  • タブの中にテーブルやグループを含めることができます。
  • タブを押した時」を条件にアクションを行うことができます。
  • ラベル、罫線を含めることはできません。

準備

アプリにボタンを設置するスペースフィールドを配置しておいてください。スペースフィールドには要素IDを設定しておいてください。

設定するパラメーター

「場所」を設定します。

場所

タブを表示するスペースフィールドを指定します。

タブはこのスペース内で下寄せで表示されます。

制限事項

一覧画面では使えません。一覧画面で使用するとエラーになります。

印刷画面で使用した場合はエラーにはなりませんが、タブは表示されません。

使用例