ユーザーのプロフィールを取得する

概要

ユーザー選択フィールドなどで選択されているユーザーのプロフィール情報を取得します。

使い方

取得した情報は文字列(1行)フィールドなどにセットすることができます。

また、別のアクションにて、数式を用いて

= $1

のように取得することもできます。$1 の 1 の部分は、この「やること」をセットしたアクション番号を記述します。

ただし、「取得したい情報」が「すべて」だった場合は、

= $1.email 

のように「どの情報か」までを式で指定する必要があります。

設定するパラメーター

「ユーザー選択フィールド」「取得したい情報」「複数ユーザーが選択されている場合」「セット先フィールド(省略可)」を指定します。

ユーザー選択フィールド

ユーザーが選択されているフィールドを指定します。

「ユーザー選択」タイプ以外に、作成者、更新者、作業者を選択することができます。

テーブル内のフィールドを選択した場合、各行に対して取得が行われます。ただしこの場合、アクションの結果を $1 のような式で参照しようとした場合、どの行の結果が返るか不定になります。テーブル内の各行に対して処理を行いたい場合は、「セット先フィールド」を指定してください。

このフィールドでユーザーが一人も選択されていなかった場合、エラーにはならず、空の文字列が取得されます。

取得したい情報

メールアドレスなど、どの情報を取得したいかを選択します。

基本的には1回のアクションで1種類の情報しかとることができません。「メールアドレスと電話番号」のように複数の種類が欲しい場合は、アクションを2つに分けてください。

例外として「すべて」を選ぶとすべての情報を一度に取得します。ただしこの場合は使用方法がやや特殊になります。

複数ユーザーが選択されている場合

「ユーザー選択フィールド」に複数のユーザーが選択されている場合の動作を選びます。

  • カンマで区切る … 「鈴木,山田,佐藤」のように、得られた情報をカンマで区切ります。
  • 最初の1人目のみ取得する … 文字通り最初のひとり分のみを取得し、残りは無視します。
  • エラーにする … フィールドに「複数のユーザーが選択されています。」というエラーを表示します。

「取得したい情報」に「すべて」を選んだ場合、「カンマで区切る」を選ぶとエラーになります。

セット先フィールド(省略可)

取得した情報を他のフィールドにセットする場合に指定します。直接フィールドにはセットせず、結果を別のアクションで使用したい場合は、省略できます。

「取得したい情報」に「すべて」を選んだ場合、このパラメーターをセットするとエラーになります。

「すべて」について

「取得したい情報」に「すべて」を選んだ場合、セット先フィールドは指定できません。代わりに、「フィールドに値をセットする」などで、式を用いて値を取り出します。

例えば、この「やること」をセットしたアクションの番号が1番で、メールアドレスを取りたい場合は、

= $1.email

のように式を記述します。

“email” の部分は

https://developer.cybozu.io/hc/ja/articles/205309740#step2

に記載されている「キー」が使えます。

制限事項

「セット先フィールド」が指定されている場合、以下のいずれかの画面で使用できます。それ以外の画面で使用すると、アプリ実行時にエラーになります。「セット先フィールド」を省略している場合はこれ以外の画面、例えばレコード詳細画面でも使用することができます。

  • レコード追加画面
  • レコード編集画面
  • PCのレコード一覧画面インライン編集モード(鉛筆アイコンを押して編集モードになった状態)

ただし、一覧画面インライン編集モードでは、「編集画面を表示した時」のタイミングで、「セット先フィールド」へのセットを行うことはできません。レコード編集画面では「編集画面を表示した時」のタイミングでも使用できます。

制限事項

「複数ユーザーが選択されている場合」を「エラーにする」にしても、以下の場合にはエラーを表示することができません。

  • レコード詳細画面や印刷画面など、フィールドを編集している状態ではない画面の場合
  • 「ユーザー選択フィールド」パラメーターに「作業者」を選んでいる場合

使用例