西暦を和暦に変換する

概要

文字列、または日付フィールドを元に和暦に変換し、別のフィールドへセットします。

使い方

変換した元号、和暦年数をフィールドにセットする場合は、そのフィールドをアプリに作成しておき、「元号のセット先」「和暦年数のセット先」でそのフィールドを選びます。

変換した元号、和暦年数を、個別のフィールドに分けて登録するのではなく、「平成30年」のように1つの文字列としてフィールド等に入れたい場合は、以下のようにします。

  1. 「元号のセット先」「和暦年数のセット先」は設定せず省略しておきます。
  2. フィールドに値をセットする」を設置し、その「値」を計算機能を用いて以下のように設定します。
= $1.era & $1.year & "年"
  • $1 の部分は、「西暦を和暦に変換する」をセットしたアクションの番号を指定してください。例えばアクション番号が3だった場合は、$3とします。
  • $1.era が「平成」などの元号部分、$1.year が年数部分を表します。

設定するパラメーター

「変換元の日付」「元号のセット先」「和暦年数のセット先」を設定します。

変換元の日付

西暦で記録された日付を持つフィールドを選択します。

以下のフィールドタイプから選択することができます。

  • 文字列(1行)
  • 日付
  • 日時
  • 作成日時
  • 更新日時

文字列(1行)のフィールドを選ぶ場合、正しい日付形式で値がセットされている必要があります。

元号のセット先

元号をセットするフィールドを選択します。省略可能です。

文字列(1行)のみ選択できます。

省略した場合、元号はフィールドにセットされません。省略しても他のアクションから参照することは可能です。

和暦年数のセット先

和暦年数をセットするフィールドを選択します。省略可能です。

文字列(1行)または数値フィールドを選択できます。

元号の初年は「元年」ではなく「1」になります。

省略した場合、和暦年数はフィールドにセットされません。省略しても他のアクションから参照することは可能です。

制限事項

対応する元号の範囲

どの時代の元号まで対応しているかは、ユーザーのブラウザー(*) に依存します。

(*) Customine でカスタマイズを作成する際のブラウザーではなく、ユーザーがカスタマイズされた kintone アプリへアクセスしたときのブラウザーに依存します。

  • IE11 … 明治以降
  • Chrome … 大化以降
  • FireFox … 大化以降
  • Safari … 大化以降

令和への対応

西暦2019年5月よりはじまる新元号(令和)への対応は、ユーザーのブラウザー(*1) および OS に依存します。

(*1) Customine でカスタマイズを作成する際のブラウザーではなく、ユーザーがカスタマイズされた kintone アプリへアクセスしたときのブラウザーに依存します。

2019/4/25 リリースの Customine バージョン 1.47 から、ブラウザーや OS が未対応でも Customine 側で令和に対応しています。1.47 より古いバージョンの Customine で「kintoneへ登録」されたカスタマイズに関しては、ブラウザーが令和対応していれば令和に変換できますが、ブラウザーが対応していなければ平成になります。この場合、Customine の最新版で「kintoneへ登録」しなおすことで令和対応になります。

以下の表は、Customine のバージョンと、ブラウザーの令和対応の組み合わせに応じて、「西暦を和暦に変換する」で令和への変換が可能かどうかを示しています。

Customineバージョン(*2) ブラウザー対応 令和への変換
1.46以前 未対応時 ×
1.46以前 対応時
1.47以降 未対応時
1.47以降 対応時

(*2) 「kintoneへ登録」を行った時点のバージョンです。

使用例