時刻を切り上げる

概要

時刻を指定された分(minute)単位で切り上げます。結果は他のアクションから参照できます。

使い方

計算結果を別のフィールドに入れたい場合、「セット先フィールド(省略可)」パラメーターにそのフィールドを選択します。

計算結果をすぐフィールドに入れるのではなく、他のアクションで使いたい場合は式を利用します。

「時刻を切り上げる」をセットしたアクションを実行すると、アクションの結果としてその時刻が内部に保存されます。保存された時刻は、式を使用して、「=$1」などで取得できます。

「時刻」パラメーターの値が日付を含まない形式の場合、計算結果は 09:30 のような書式になります。秒は含まれません。kintone の時刻フィールドにそのままセットすることができます。ただし日付の情報はありませんので、日時フィールドにセットすることはできません。

「時刻」パラメーターの値が日付を含む形式の場合、日付込みで計算され、結果も日付を含む形式になります。結果の書式は 2019-09-06T03:16:00.000Z といったグリニッジ標準時をもとにした形式になります。この形式は、そのまま kintone の日時フィールドへセットすることが可能です。

例)計算結果の時刻を、他のアクション(「レコードを追加する」)で使用する例

  1. 「時刻を切り上げる」を設置します。アクション番号が1番だったとします。
  2. レコードを追加する」の「マッピング」で、セットしたい時刻フィールドに対して「=$1」と入れます。 (「時刻を切り上げる」のアクション番号が2番だったら、「=$2」とします)

設定するパラメーター

「時刻」「切り上げ単位(分:minute)」「セット先フィールド(省略可)」を設定します。

時刻

基準となる時刻を入力します。

09:30 のように時刻のみで日付を含まない形式、2019-09-12 09:30 のように日付と時刻を両方含む形式が指定可能です。

日付を含む形式で指定した場合、日付込みで計算されます。例えば 2019-09-12 23:30 を 60分で切り上げると、2019-09-13 00:00 になります。

時刻フィールドや日時フィールドの値を参照したい場合

=時刻_2

のように、「=」をつけてフィールドコードで参照してください。

現在の時刻を基準としたい場合は

=now()

と入力します。

切り上げ単位(分:minute)

切り上げ単位を分(minute)単位で指定します。

24時間(1440分)を割り切る「きりのよい」数字を指定する必要があります。例えば 10, 15, 30 … などが指定可能です。

60 や 120 のような1時間を超える値も指定可能です。60分を超える単位で切り上げする場合、ユーザーのタイムゾーン設定によって結果が変わってきます。例えば、ユーザーのタイムゾーンが日本時間に設定されている場合、切り上げは日本時間に基いて行われます。

マイナスの値は指定できません。

セット先フィールド(省略可)

計算結果を他のフィールドにセットする場合に指定します。直接フィールドにはセットせず、計算結果を別のアクションで使用したい場合は、省略できます。

テーブル内のフィールドを指定した場合、特別な場合(*1)を除き、テーブル内のすべての行が処理されます。

(*1) 条件側で、「フィールドの値を編集して値が変わった時」のように、テーブル行を限定するように条件が入っている場合は、対象の行だけ処理されます。

選択可能なフィールドタイプは以下の通りです。

  • 文字列(1行)
  • 文字列(複数行)
  • リッチエディター
  • 時刻
  • 日時

注意事項

日付を含まない形式の場合、計算結果は 00:00~23:59 の間になります。例えば、23:30 を60分切り上げすると、結果は 24:00 ではなくて 00:00 になります。

「時刻」パラメーターに秒が含まれていても、秒部分は無視され、結果に秒は含まれません。例えば「08:30:15」を30分切り上げした結果は、15秒の部分は無視されるため、「09:00:00」ではなく「08:30」になります。