format 関数

説明

日付や時刻をフォーマットします。

書式指定は、kintone アプリカスタマイズでは moment.js の形式、Job Runner 版では Arrow の形式になります。よく使われる書式はどちらも共通しています。

使用例

例)日時フィールドの値から、日付部分を「2019/01/05」、時刻部分を「08:05」のような形式でフォーマット。

= format(日時_1, "YYYY/MM/DD HH:mm")

例)日時フィールドの値から、日付部分を「2019/1/5」、時刻部分を「8時5分」のような形式(数値をゼロ埋めしない)でフォーマット。

= format(日時_1, "YYYY/M/D H時m分")

例)日時フィールドの値から、日付部分のみを「2019-01-05」のような形式でフォーマット。

= format(日時_1, "YYYY-MM-DD")

例)日付フィールドの値を「20190105」のように区切りなしの形式でフォーマット。

= format(日付_1, "YYYYMMDD")

例)日付フィールドから年だけを取り出す。

= format(日付_1, "YYYY")

例)時刻を「午前 10:00」のような12時間制でフォーマット。

= format(日時_1, "A hh:mm")

例)日付と曜日を「2019-01-05 (土)」のような形式でフォーマット。

= format(日時_1, "YYYY-MM-DD (ddd)")

注意事項

  • 日時、時刻を解釈する際のタイムゾーンは以下のようになります。

    • kintone アプリカスタマイズ版ではユーザーのデバイス(PC、スマホ)既定のタイムゾーンで解釈されます。kintoneユーザープロファイルのタイムゾーンは使用されません。
    • Job Runner 版では、「タイムゾーンを設定する」で設定したタイムゾーンになります。
  • 月の名前や曜日を表示する際の言語は以下のようになります。

    • kintone アプリカスタマイズ版では、kintone にログインしたユーザーの設定言語になります。
    • Job Runner 版では常に日本語になります。