Job Runner

レコードをテーブルに書き出す

概要

レコードのデータを別レコードのテーブルに書き出します。

使い方

クエリで条件を指定してレコードを取得する」などで取得したレコードを、テーブルの行として書き出すことができます。

元となるレコードは、他のアプリのものでも構いませんし、書き出し先アプリと同じアプリのものでも構いません。

テーブル行をレコードとして取得する」とこの「レコードをテーブルに書き出す」をつなげることで、テーブルデータのコピーが実現できます。

書き出し先のレコードに対して変更が行われた場合、レコードの保存が予約されます。変更されたレコードはすぐには保存されず、ジョブ内の全アクションが終了した後に自動的に保存されます。変更されたレコードを別のタイミングで保存したい場合は「値が変更されているレコードを保存する」を使用します。

事前に「書き出し先のテーブルがあるレコード」のアプリに対してレコード閲覧権限およびレコード更新権限を持った API トークンが必要になります。このアクションより前のアクションで「kintone 接続設定を行う」を行い、API トークンを設定しておいてください。

設定するパラメーター

「書き出す元レコード」「書き出し先のテーブルがあるレコード」「書き出し先テーブル」「マッピング」「既存の行」を設定します。

書き出す元レコード

書き出す元になるレコードを取得したアクションを選択します。

このレコードが、マッピングに基づいて書き出し先テーブルの行へ転記されます。

書き出し先のテーブルがあるレコード

書き出し先になるレコードを取得したアクションを選択します。

このレコードが複数行を含む場合、それぞれのレコードに対して書き出しが実行されます。このレコードが1行もない場合は何も行われません。

書き出し先テーブル

どのテーブルへ書き出すか、テーブルを選択します。

マッピング

書き出すテーブルのフィールド(列)値を設定します。

このパラメーターの詳しい記述方法はフィールドマッピングの記述方法を参照してください。

このマッピングにおいて、

= フィールドコード

と記述した場合、「書き出す元レコード」のフィールドを参照したことになります。

既存の行

書き出し先のテーブルにもともとある行をクリアするか、クリアせずに追記するかを選択します。

「既存のテーブル行はクリアする」を選択した場合、「書き出す元レコード」が1行もない場合でもクリアされます。

レコード取得条件の発生有無

条件 発生有無
レコード1行が準備できた時 発生しません
レコード全行が準備できた時 発生しません

制限事項

  • テーブルの外側のフィールドへは書き出しできません。