Job Runner

Webhook から渡されたレコードを取得する

概要

kintone Webhook から渡されたレコードを取得します。

使い方

kintone Webhook では、kintone から Webhook へ通知する内容に、その通知を発生させたレコードの内容か、またはレコードIDが含まれます。「Webhook から渡されたレコードを取得する」ではそのレコード内容を取得し、後続のアクションで使用できるようにします。

通知の元になった操作が「レコードの追加」「レコードの編集」「プロセス管理のステータスの更新」のいずれかであった場合は、特に事前の設定なしでレコードを取得できます。

「コメントの書き込み」の場合は、事前に「kintone 接続設定を行う」を行って、元のアプリからレコードを取得するための接続設定を行っておく必要があります。

「レコードの削除」の場合は取得できません。この場合、ジョブの実行時にエラーになります。

まとめると、以下のようになります。

通知の元になった操作 事前設定
レコードの追加 不要
レコードの編集 不要
レコードの削除 非対応
コメントの書き込み kintone 接続設定を行う」が必要
プロセス管理のステータスの更新 不要

設定するパラメーター

パラメーターはありません。

レコード取得条件の発生有無

条件 発生有無
レコード1行が準備できた時 発生します
レコード全行が準備できた時 発生します

制限事項

  • 通知の元になった操作が「レコードの削除」であった場合は取得できません。この場合、ジョブの実行時にエラーになります。

  • Webhook の発生条件が「コメントの書き込み」であった場合、Webhook 発生からジョブが起動される前の間にそのレコードが削除されてしまっている場合、レコードは取得できません。この場合、エラーにはなりませんが、「レコード1行が準備できた時」も「レコード全行が準備できた時」も発生しません。

  • 定期実行タスクでは使用できません。

使用例