Job Runner

アプリ管理アプリのレコードを更新する

概要

アプリ管理アプリのレコードを現在のアプリ一覧情報に基づいて更新・追加します。

使い方

kintone アプリストアの「その他」に「kintoneアプリ管理」という名前のアプリテンプレートがありますので、このアプリテンプレートからアプリを作成しておきます。作成したアプリに対し、独自にフィールドを追加しても構いません。もとからあるフィールドのフィールドコード、フィールドタイプは変更しないでください。

「kintoneアプリ管理」アプリの説明文にもあるとおり、このアプリのレコードを更新する場合は、アプリ管理画面の「CSV形式でダウンロードする」でダウンロードしたCSVファイルからレコードを読み込む、という運用が想定されています。「アプリ管理アプリのレコードを更新する」は、この手順を自動化します。ただし、全ての情報を更新できるわけではなく、以下の情報のみが更新されます。

  • ID
  • アプリ名
  • アプリURL
  • アプリ設定URL
  • 作成者
  • 作成者(ログイン名)
  • 作成日時
  • 設定の最終更新者
  • 設定の最終更新者(ログイン名)
  • 設定の最終更新日時

「kintoneアプリ管理」テンプレートから作成したアプリ管理アプリは、いくつかフィールドを追加してCustomineのカスタマイズアクセス権限機能の管理に用いることができます。カスタマイズアクセス権限機能用の管理アプリに対しても「アプリ管理アプリのレコードを更新する」を用いることができます。カスタマイズアクセス権限機能の詳細は、gusukuサポートサイト をご覧ください。

アプリ管理アプリに未登録のアプリ情報があれば新規レコードを作成し、すでにあれば上書き更新します。レコード更新時に競合の検出は行われません。削除されたアプリについては、アプリ管理アプリの当該レコードは更新されません。アプリが削除されてもアプリ管理アプリのレコードを削除することはありません。

アプリ管理アプリに対してユーザーが独自にフィールドを追加している場合、「アプリ管理アプリのレコードを更新する」はそのフィールドを変更せず、元の値を維持します。

「アプリ管理アプリのレコードを更新する」は Job Runner でも特殊な位置づけの「やること」になります。通常、Job Runner ではレコード更新はできるだけ複数行をまとめて更新しようとしますが、「アプリ管理アプリのレコードを更新する」は1行ずつ更新を行います。

設定するパラメーター

「アプリ管理アプリ」「ドメイン」「接続kintoneユーザー名」「接続kintoneユーザーのパスワード」を設定します。

アプリ管理アプリ

レコードをセットする先のアプリ管理アプリを指定します。

このアプリも Customine へ登録しておく必要があります。

ドメイン

アプリ管理アプリのあるドメインを選択します。

このドメインに対して Customine の契約が必要です。

接続kintoneユーザー名

接続kintoneユーザーのパスワード

アプリ一覧情報の取得や、アプリ管理アプリへのアクセスをどのユーザーのアカウントで行うかを指定します。

このユーザーは以下の権限を持っている必要があります。

  • アプリ管理アプリそのものに対するレコード追加権限と編集権限の両方

  • アプリ管理アプリで管理されるアプリに対するレコード閲覧権限またはレコード追加権限

    • 権限を持っていないアプリについては、アプリ管理アプリにレコード追加・更新が行われません。

レコード取得条件の発生有無

条件 発生有無
レコード1行が準備できた時 発生しません
レコード全行が準備できた時 発生しません

旧バージョンとの動作の違いについて

バージョン 1.204(2023年11月30日リリース) 以前は以下のフィールドも更新対象になっていましたが、バージョン 1.205(2023年12月21日リリース)以降、これらのフィールドは更新対象外となります。

  • 運用ステータス
  • アプリグループ
  • レコードの最終更新日
  • カスタマイズ (あり/なし)
  • レコード数
  • フィールド数
  • APIリクエスト数

バージョン 1.204(2023年11月30日リリース) 以前は kintone の非公開 API を使用していましたが、バージョン 1.205(2023年12月21日リリース)以降は公開 API のみを使用しています。

制限事項

  • Basic認証には対応していません。

  • アプリ管理アプリがゲストスペースにある場合には対応していません。

関連記事