テーブルに行を追加する

概要

指定したテーブルの先頭または末尾に空の行を追加します。

使い方

テーブルの先頭または末尾に空の行を追加します。

設定するパラメーター

「テーブル」「追加場所」「各フィールドの値」を設定します。

テーブル

対象のテーブルを選択します。

追加場所

先頭に追加するか、末尾に追加するかを選択します。

各フィールドの値

新しく追加する行の各フィールドにセットする値を入力します。

制限事項

「各フィールドの値」に値をセットしなかった場合、kintone アプリのフィールド設定にて初期値が設定されている場合でも、値が空の状態で追加されます。

レコード追加画面、レコード編集画面以外の画面では使用できません。

「他のアクションの実行が完了した時」との組み合わせについて

以下のような組み合わせでカスタマイズを実施する場合は注意が必要です。

この場合、その「やること」は追加した新しい行だけでなく、テーブル中にもとからある全ての行に対して実行されます。

「テーブルに行を追加した時」との組み合わせについて

「テーブルに行を追加する」が実行されると、「テーブルに行を追加した時」の条件も発動します。

この時、以下のような不具合が確認されています。

例として、条件「テーブルに行を追加した時」に対し、「フィールドに値をセットする」など、フィールドを操作するタイプの「やること」を指定します。この場合、各行の右に表示されている⊕アイコンで行を追加した場合は、追加された行に対して「フィールドに値をセットする」が正しく実行されます。しかし、やること「テーブルに行を追加した時」で条件を発動させた場合は、「フィールドに値をセットする」などが動作しません。

使用例