Job Runner

テーブルデータをセットしたレコードを追加する

概要

指定アプリに対し、テーブルデータをセットした状態でレコードを新規作成します。

使い方

レコードを追加する」ではテーブルに初期値を入れることができません。それに対し「テーブルデータをセットしたレコードを追加する」ではテーブルに初期値をセットした状態でレコードを追加できます。

設定するパラメーター

「追加先アプリ」「追加先アプリの API トークン」「レコードに対するマッピング」「テーブル」「テーブルの元になるレコード」「テーブルに対するマッピング」「即時反映するかどうか」を指定します。

追加先アプリ

レコードを追加するアプリを選択します。

追加先アプリの API トークン

追加先アプリにアクセスするための API トークンを指定します。「kintone 接続設定を行う」を行うアクションの中から選択します。

この API トークンにはレコード追加権限が必要です。

レコードに対するマッピング

追加するレコードの各フィールド値を設定します。

ただしここではテーブルの値は設定できません。テーブルの値は、後の「テーブルに対するマッピング」で設定します。

このマッピングにおいて、

= フィールドコード

と記述した場合、このアクションに対して「準備された」レコードのフィールドになります。例えばアクションに対する条件が「レコード1行が準備できた時」だった場合、「レコード1行が準備できた時」の「レコード取得アクション」パラメーターで設定されているレコードからフィールドが参照されます。

テーブル

初期値を設定するテーブルを選びます。

複数選ぶことはできません。

テーブルの元になるレコード

テーブルのデータを作成する際の元になるレコードを指定します。

テーブルに対するマッピング

テーブルのデータをセットするマッピングを定義します。

このマッピングにおいて、

= フィールドコード

と記述した場合、フィールドコードは「テーブルの元になるレコードのフィールド」になります。

即時反映するかどうか

「即時反映しない(後でまとめて反映)」を選択した場合、アクションを実行しても直ちに kintone アプリへは反映されません。ある程度溜めてからまとめて kintone アプリへ保存する動きになります。アクションを繰り返し実行して複数のレコードを追加する場合でも、kintone への APIリクエスト数が少なく済み、処理速度も向上します。

「即時反映する」の場合は、アクションの実行と同時に kintone アプリへレコード追加が反映されます。後続のアクションで kintone からレコードを取得しなおしたり、レコードIDが必要になる場合は、「即時反映する」を選択してください。但し、アクションを繰り返し実行して複数のレコードを追加する場合、kintone への APIリクエスト数が多くなりますので注意してください。

レコード取得条件の発生有無

条件 発生有無
レコード1行が準備できた時 発生しません
レコード全行が準備できた時 発生しません

Webhook 通知

保存先アプリに「レコードの追加」条件で Webhook 通知を行うように設定されている場合、「即時反映する」設定で本「やること」を実行すると、追加先アプリの Webhook 通知が発生します。

「即時反映しない(後でまとめて反映)」場合は Webhook 通知は発生しません。

制限事項

  • 2つ以上のテーブルに対して一度にデータを設定することはできません。

使用例