メールアドレス形式をチェックする

概要

指定のフィールドがメールアドレス形式になっているかどうかをチェックします。

チェックの結果、エラーがあればそのフィールドにエラーメッセージを表示します。

使い方

設定するパラメーター

「フィールド」「チェック精度」「エラーメッセージ」を設定します。

フィールド

フィールドをチェックするかを選択します。

  • 複数のフィールドを選択すると、それらすべてのフィールドを個々にチェックします。
  • テーブル内のフィールドを指定した場合、特別な場合(*1)を除き、テーブル内のすべての行がチェックされます。

(*1) 条件側で、「フィールドの値を編集して値が変わった時」のように、テーブル行を限定するように条件が入っている場合は、対象の行だけチェックされます。

チェック精度

どの程度細かくチェックするかを選択します。

  • 厳密 … 使用できる文字なども含めてチェックされます。(*)
  • 緩め … 「@」の有無だけをチェックします。

(*) 厳密モードといっても完全に厳密ではありません。RFCに違反しているメースアドレスであってもチェックをパスする場合があります。

エラーメッセージ

エラーがあった場合に表示するエラーメッセージを入力します。

制限事項

選択できるフィールドは次の種類のいずれかに限られます。

  • 文字列(1行)
  • 文字列(複数行)
  • リッチエディター

テーブル内のフィールドとテーブル外のフィールドを一度に指定したり、異なるテーブル内のフィールドを一度に指定することはできません。 テーブル内外のフィールドや異なるテーブルのフィールドを一度にチェックしたい場合、複数のアクションに分けてください。

使用例