カスタマイズ

検索フォームのレイアウトを変更する

概要

「一覧画面にキーワードで検索する検索フォームを設置する」等で作成した検索フォームのレイアウトを変更します。

使い方

事前に「一覧画面にキーワードで検索する検索フォームを設置する」や「一覧画面にキーワードと数値の範囲で検索する検索フォームを設置する」で検索フォームを設置しておきます。この検索フォームのレイアウトを変更したい場合に「検索フォームのレイアウトを変更する」を用います。

「検索フォームのレイアウトを変更する」の開始時点で元の検索フォームができている必要があります。「一覧画面にキーワードで検索する検索フォームを設置する」「一覧画面にキーワードと数値の範囲で検索する検索フォームを設置する」をセットしたアクションに対し「他のアクションの実行が完了した時」で完了を待ってから「検索フォームのレイアウトを変更する」を実行するように設定してください。

設定するパラメーター

「検索」ボタンの位置」「条件クリア」ボタンの表示」「項目が多い場合の表示」「拡大縮小表示」を設定します。

「検索」ボタンの位置

「フォームの左」を選択すると、通常はフォームの右側に表示される「検索」ボタンを左側へ移動することができます。この場合「検索」ボタンだけでなく「条件クリア」ボタンもセットで左側へ移動します。

変更しない場合は「フォームの右」を選択してください。

この設定はPC版画面のみで有効です。スマートフォン版には効果がありません。

「条件クリア」ボタンの表示

「表示しない」を選択すると「条件クリア」ボタンが非表示になります。

通常通り「条件クリア」ボタンを表示しておきたい場合は「表示する」を選択してください。

この設定はPC版、スマートフォン版のどちらでも有効です。

項目が多い場合の表示

検索項目にしたフィールドの数が多く、フォームが1行で画面に入りきらない場合の表示方法を選択します。

通常は「折り返す」ですが、折り返したくない場合は「折り返さない」を選択すると、折り返さずに横スクロール表示になります。

通常通り折り返し表示にする場合は「折り返す」を選択してください。

この設定はPC版画面のみで有効です。スマートフォン版には効果がありません。

拡大縮小表示

フォーム全体を拡大縮小したい場合に、倍率を入力します。大きくしたい場合は1より大きい値、小さくしたい場合は1より小さい値を指定します。1ならば元の大きさで表示します。

この設定はPC版、スマートフォン版のどちらでも有効です。

制限事項