レコード追加・編集画面を表示した時またはフィールドの値を編集して値が変わった時

概要

レコード追加・編集画面を表示した時またはフィールドの値を編集して値が変わった時にアクションを実行します。

使い方

追加画面・編集画面を表示した時」と「フィールドの値を編集して値が変わった時」の条件のどちらでも同じアクションを行いたい場合に使用します。このような場合、「追加画面・編集画面を表示した時」や「フィールドの値を編集して値が変わった時」を別々に使用すると、アクションが2つ必要になりますが、「レコード追加・編集画面を表示した時またはフィールドの値を編集して値が変わった時」を用いればアクションが1つで済みます。

設定するパラメーター

「フィールド」を設定します。

「レコード追加・編集画面を表示した時またはフィールドの値を編集して値が変わった時」は一覧画面では発生しませんので、「フィールドの値を編集して値が変わった時」と異なり、「一覧画面の鉛筆を押した時」のパラメーターはありません。

フィールド

どのフィールドを編集したときにアクションを実行したいか、フィールドを選択します。 複数選択することができ、その場合、選択したフィールドのどれか1つで値が変わったときにアクションが実行されます。

制限事項

追加画面・編集画面を表示した時」および「フィールドの値を編集して値が変わった時」の制限事項はそのまま「レコード追加・編集画面を表示した時またはフィールドの値を編集して値が変わった時」にも該当します。リンク先の制限事項欄を参照してください。