レコードを指定アプリのテーブルに書き出す

概要

レコードのデータを指定アプリのテーブルに書き出します。

使い方

クエリで条件を指定してレコードを取得する」などで取得したレコードを、別アプリのテーブルの行へ書き出すことができます。

元となるレコードは、他のアプリのものでも構いませんし、自アプリの「テーブル行をレコードとして取得する」で取得したものでも構いません。

「キーとなるフィールド」と「キーの値」の組み合わせで、書き出し先レコードが複数になった場合、その複数レコードすべてが書き出し対象となります。

設定するパラメーター

「書き出し先アプリ」「キーとなるフィールド」「キーの値」「書き出し先テーブル」「元になるレコード」「テーブルへのマッピング」「既存の行」を設定します。

書き出し先アプリ

書き出し先のアプリを指定します。必ずしも他アプリである必要はなくカスタマイズ対象アプリと同じアプリでも構いません。

キーとなるフィールド

書き出し先のレコードを決めるための、キーとなるフィールドを選択します。書き出し先アプリのフィールドから選択します。

テーブル内のフィールドは選択できません。

以下のフィールドタイプは選択できません

  • カテゴリー
  • テーブル
  • 関連レコード一覧
  • グループ
  • スペース

キーの値

書き出し先のレコードを決めるキーの値を入力します。

書き出し先テーブル

どのテーブルへ書き出すか、書き出し先アプリのテーブルを選択します。

元になるレコード

書き出し元となるレコードデータを取得したアクションを選択します。

テーブルへのマッピング

書き出すテーブルのフィールド(列)値を設定します。

このパラメーターの詳しい記述方法はフィールドマッピングの記述方法を参照してください。

フィールドの値を空にした場合、空の値を書き出すのではなく、そのフィールドは書き出しません。

既存の行

書き出し先のテーブルにもともとある行をクリアするか、クリアせずに追記するかを選択します。

「既存のテーブル行はクリアする」を選択した場合、書き出し元のレコードが1行もない場合でもクリアされます。

競合の検出について

更新の競合は常にチェックされます。

制限事項

テーブルの外側のフィールド値は更新できません。

使用例