カスタマイズ

レコードにエラーをセットする

概要

現在編集中のレコードにエラーをセットします。

使い方

レコードの編集画面や追加画面で使用します。レコードにエラーをセットすると、画面の上部に図のようにエラーメッセージが表示されます。

エラー表示

以下の条件時に使用すると、上記エラーが表示されたうえで、レコードの保存や削除がキャンセルされます。

保存はキャンセルできませんので注意してください。

設定するパラメーター

「エラーメッセージ」を設定します。

エラーメッセージ

エラーメッセージを入力します。

krewSheet 対応状況

対応していません。

注意事項

「レコードにエラーをセットする」と同時にフィールドの値を変更する処理や、フィールドの有効無効を変更する処理を行っていた場合、それらの処理はキャンセルされます。こちらは kintone の仕様となります。

例えば、「レコードにエラーをセットする」と「フィールドに値をセットする」を同時に行った場合、「フィールドに値をセットする」はキャンセルされ、フィールドの値は変更前に戻ります。

エラー表示とフィールド値の変更を両方行いたい場合、同時に行うのではなく、「他のアクションの実行が完了した時」などで順番に実行してください。

「条件」との組み合わせに関する制限事項

組み合わせる「条件」に応じて動作する場合と動作しない場合があります。

以下の条件がアクショングラフで起点となっている場合は動作します。「他のアクションの実行が完了した時」等でアクションをつないだ後でも動作します。

以下の条件に直接「レコードにエラーをセットする」をセットしている場合は動作します。これらの条件時は、「他のアクションの実行が完了した時」等でアクションをつないだ後の「レコードにエラーをセットする」は動作しません。

上記以外の「条件」時は動作しません。

使用例