レコードを更新する(キーの値をフィールドで指定)

概要

指定アプリの既存レコードのデータを更新します。更新対象のレコードを検索する際のキーの値を、カスタマイズ中のアプリのフィールドで指定します。

使い方

更新先アプリの「キーとなる更新先のフィールド」とカスタマイズ中のアプリの「キーの値となるこのアプリのフィールド」が一致する「更新先アプリ」のレコードについて、「マッピング」に基づいてレコードの内容を更新します。

レコードを更新する(キーの値を直接指定)」とほぼ同じですが、キーの値をフィールドで指定する点が異なります。特に、テーブルの各行に対してアクションを実行したい場合は、こちらを使用します。

設定するパラメーター

「更新先アプリ」「キーとなる更新先のフィールド」「キーの値となるこのアプリのフィールド」「マッピング」「更新の競合をチェックする」を設定します。

更新先アプリ

レコードを更新するアプリを選択します。

キーとなる更新先のフィールド

レコードを更新する際のキーとなるフィールドを選択します。テーブル内のフィールドは選択できません。

キーの値となるこのアプリのフィールド

「キーとなる更新先のフィールド」と比較する値を持ったフィールドを、カスタマイズ中のアプリのフィールドから選択します。テーブル内のフィールドも選択できます。

テーブル内のフィールドを選択した場合、「条件」で一致するすべての行に対して、順次更新処理を実行します。

マッピング

レコードに登録する情報を入力します。

登録したいフィールド毎に、「登録先フィールドコード = 設定する値」という形で記載します。

このパラメーターの詳しい記述方法はフィールドマッピングの記述方法を参照してください。

このマッピングでは @out を使用することができます。キーに一致したレコードを参照します。

更新の競合をチェックする

「チェックする」「チェックしない」から選択します。

「チェックする」の場合、更新レコードが他のユーザーからの更新と競合していないかがチェックされ、競合している場合は実行時にエラーとします。「チェックしない」の場合、このチェックを行いません。

よくわからない場合、「チェックする」をお勧めします。

使用例