Job Runner

フィールド値が空ならば

概要

指定フィールドの値が空だった場合に条件が満たされます。

使い方

指定されたレコードのうち、フィールド値が空のレコードが1行以上あるかどうかを判定します。条件を満たすものが1行以上ある場合、条件を満たすレコードに限定してアクションを実行します。条件を満たすレコードが1行もなかった場合はアクションは実行されません。

この条件を設定したアクション、および後続のアクションは、「レコード」で指定したアクション番号のレコードを取得すると、この条件で限定された行のみが取得されるようになります。

設定するパラメーター

「レコード」「フィールド」を設定します。

レコード

比較したいフィールドを持ったレコードを取得したアクションを選択します。

このレコードが1行もない場合、条件が反転されているかどうかにかかわらず、アクションは実行されません。つまり、レコードが1行もない場合は、「フィールド値が空ならば」も「フィールド値が空でないならば」のどちらの場合でもアクションは実行されません。

フィールド

「フィールド」には値を比較するフィールド名を選択します。

以下のフィールドタイプは選択できません

  • 添付ファイル
  • レコード番号
  • 作成者
  • 作成日時
  • 更新者
  • 更新日時
  • ステータス
  • 作業者
  • テーブル
  • 関連レコード一覧
  • グループ
  • スペース

テーブル内のフィールドは選択できません。

条件の反転

この条件を反転すると「フィールド値が空でないならば」に変わります。

「フィールド値が空でないならば」は、指定したレコードのうち、フィールド値が空でないものが1行以上ある場合に、そのレコードに限定してアクションを実行します。

注意事項

  • この条件においては、空白文字や改行は無視されます。フィールド値が空白や改行だけだった場合は「空である」とみなされます。