カスタマイズ

添付ファイルをまとめてダウンロードする

概要

添付ファイルフィールドにセットされているすべてのファイルを1つのzipファイルにまとめて、ユーザーのブラウザーでダウンロードします。

使い方

この「やること」を実行すると、「添付ファイルをダウンロード中…」というダイアログが表示されて、ダウンロードが始まります。ダウンロードが完了すると「添付ファイルをダウンロード中…」ダイアログは閉じられて、ブラウザー標準のダウンロードでダウンロードされます。

ダウンロードされるzipファイルは無圧縮状態となります。

zipファイルの内容は、以下のようにフィルダー階層で区切られます。

  • 添付ファイルフィールドがテーブル外のフィールドの場合
    • レコード番号/フィールドコード/kintone上の添付ファイル名
  • 添付ファイルフィールドがテーブル内のフィールドの場合
    • レコード番号/フィールドコード/行番号/kintone上の添付ファイル名
    • 行番号は最初の行が1になります。

kintone上の添付ファイル名が重複している場合、ファイル名の末尾に(2)(3)…といった連番がつけられます。

どのレコードにも添付ファイルが1つも添付されていなかった場合、「添付ファイルがひとつもありませんのでzipファイルはダウンロードされませんでした。」というエラーになり、ダウンロードは行われません。

設定するパラメーター

「レコード」「添付ファイルフィールド」「zipファイル名」を設定します。

レコード

ダウンロードしたい添付ファイルを持っているレコードを取得したアクションを選択します。

このパラメーターは省略可能です。省略した場合は現在の画面のレコードが対象になります。例えば詳細画面ならばその画面で表示しているレコード、一覧画面ならば一覧に表示されているすべてのレコードが対象になります。

実行時にレコードが1行もなかった場合はエラーになります。

添付ファイルフィールド

zipファイルに含める添付ファイルフィールドを「レコード」のアプリから選びます。複数選択可能ですが、順序は指定できません。

添付ファイルフィールドのみ選択可能です。

テーブル内のフィールドも選択可能です。テーブル内のフィールドを指定した場合、そのテーブル内のすべての行の添付ファイルがzipファイルに入ります。

zipファイル名

ダウンロードするときのファイル名です。

初期値は「添付ファイル_${format(now(), ‘YYYYMMDDHHmmss’)}.zip」となっています。この後半の部分にある ${format…} はアクション実行時の日時をファイル名につける、という意味になります。日時をファイル名につけたくない場合は、この部分を削っても構いません。

制限事項

  • レコード追加画面、レコード編集画面では使用できません。

  • 「添付ファイルをダウンロード中…」は画面操作を行うことができません。

  • ダウンロードできるファイルサイズや数に制限は設けていませんが、極端に大きいファイルや数多くのファイルをダウンロードする場合、ユーザーのPC・スマートフォンの処理能力を超えるとエラーが発生する可能性もあります。