カスタマイズ

レコードを選択するプルダウンをスペースに配置する

概要

他のアクションで取得したレコードをもとに、スペースの位置にプルダウン(ドロップダウンメニュー)を作成します。

使い方

準備として、カスタマイズ対象のアプリに、プルダウンを配置するスペースフィールドを設置します。「フィールド値をレコードから選択するプルダウンを作成する」の場合と異なり、値を保存するフィールドは必要ありません。

プルダウンの内容を定義するためのアプリを作成し、レコードを作成しておきます。

Customine のカスタマイズ設定で、「全レコードを取得する」などのレコードを取得するアクションで、プルダウンの内容を定義するためのアプリからデータを取得します。

次に「レコードを選択するプルダウンをスペースに配置する」を配置し、あらかじめ用意したスペースフィールド、レコードなどを設定します。

ユーザーが選択したレコードがアクションの結果値になります。アクションの結果値は「= $1」などの式を用いてを参照できます。ユーザーが選択を変更するたびにアクションの結果値も変わります。

また他のアクションでレコードを指定するタイプのパラメーターに「レコードを選択するプルダウンをスペースに配置する」のアクションをセットすることもできます。

プルダウンが選択されているかどうかは「レコード件数が1件以上ならば」や「レコード件数が0件ならば」で判定できます。「1件以上」であればレコードが選択されています。

アクションはプルダウンを作成し終わった時点で完了します。この時点でのアクション結果値は「未選択を表す「-----」」パラメーターによります。

設定するパラメーター

「スペース」「ラベル」「レコード」「表示するフィールド」「未選択を表す「-----」」を設定します。

スペース

プルダウンを表示するスペースを選択します。

プルダウンはこのスペースの幅いっぱいに表示されます。プルダウンの表示幅を調整したい場合は、事前にこのスペースの幅を調整しておいてください。

ラベル

プルダウンに表示するラベルを設定します。省略可能です。

レコード

プルダウンの内容となるレコードを取得したアクションを選択します。

このレコードの内容が空でもエラーにはなりません。その場合、何も選択しないことを示す「-----」だけがプルダウンに表示されます。

表示するフィールド

プルダウンの項目として表示するフィールドを指定します。「レコード」パラメーターで選択したレコードの元アプリのフィールドから選びます。

選択可能なフィル―ルドのタイプは以下の通りです。テーブル内のフィールドは選択できません。

  • レコード番号
  • 文字列 (1行)
  • 数値
  • 計算
  • ドロップダウン
  • 日付
  • 時刻
  • 日時
  • ルックアップ(文字列)
  • ルックアップ(数値)

未選択を表す「-----」

プルダウンの選択項目に、未選択を表す「-----」を追加するかどうかを選択します。

「追加する」の場合、プルダウンの先頭に「-----」が追加され、これがプルダウン作成直後の選択になります。アクションを実行した直後のアクション結果値は空です。

「追加しない」の場合、「-----」は追加されません。プルダウン作成直後は、プルダウンの先頭の項目が初期の選択になります。アクションを実行した直後のアクション結果値は、最初のレコードになります。

使用例