レコードのロック状態をメニュー位置に表示する

概要

レコードのロック状態をメニュー位置に表示します。

使い方

レコード編集画面をロックする」を組み込んだカスタマイズで使用します。

「レコードのロック状態をスペースに表示する」は主にレコード詳細画面で使用し、現在表示しているレコードが、「レコード編集画面をロックする」によってロックされているかどうかをチェックし、下図の位置に表示します。

レコード詳細画面の上側

一度ロック状態を表示すると、アクションを再度実行しなくても、他のユーザーがそのレコードをロックしたりロック解除したりすると、即座にロック状態の表示に反映されます。

2つ以上異なるアクションで、同じスペースに対して「レコードのロック状態をメニュー位置に表示する」した場合でも、メニュー位置に表示されるのは1つになります。

設定するパラメーター

パラメーターはありません。

旧バージョンとの動作の違いについて

バージョン 1.96(2020年6月25日リリース)以前の Customine を使用して「kintoneアプリへ登録」している場合、他のユーザーがロック状態を変更しても、即座に状態表示に反映されません。

バージョン 1.97(2020年7月2日リリース)以降では、即座に反映されます。

制限事項

レコード編集画面、レコード追加画面では使用できません。

使用例