作業者を変更する(指定のレコード)

概要

指定のレコードの作業者を変更します。

使い方

設定するパラメーター

「更新先アプリ」「レコード」「作業者」「API トークン」を設定します。

更新先アプリ

作業者を更新するアプリを選択します。

レコード

作業者を更新するレコードを取得したアクションを選択します。

作業者

変更後の作業者を指定します。

以下のような形で指定可能です。

  • ユーザーのログイン名を直接指定する。
    • 例:iwata
  • を用いてユーザー選択フィールドの値を指定する。この場合、参照するフィールドは更新先アプリではなく、カスタマイズ対象のアプリのフィールドになります。
    • 例:= ユーザー選択_1
  • 式を用いて固定の複数ユーザーをログイン名で指定する。
    • 例:= [“suzuki”, “sato”]
  • 式を用いてログインユーザーを指定する。

API トークン

kintone アプリの API トークンを指定します。このパラメーターを指定すると、作業者の変更を kintone 上で実行する手続きをこの API トークンの権限で実行します。この API トークンには、「レコード閲覧」と「アプリ管理」の権限をセットしてください。

省略可能で、省略時は kintone アプリにログインしているユーザーの権限で作業者変更処理を実行します。

注意事項

  • 「API トークン」パラメーターを指定せず、ログインユーザーの権限で実行する場合、そのユーザーにアプリの管理権限が必要です。アプリ管理権限のないユーザーが実行すると、エラーになります。

  • 更新後、画面のリロードは自動では行いません。画面のリロードが必要な場合は、「画面をリロードする」を用いてください。

使用例