カスタマイズ

クエリで条件を指定してレコードを取得する(エスケープなし)

概要

指定アプリから検索条件(クエリ)に合致するレコードを取得します。

取得したレコードは別のアクションで使用することができます。

使い方

設定するパラメーター

「取得先アプリ」「検索条件」「最大取得件数」を設定します。

取得先アプリ

レコードを取得するアプリを選択します。

検索条件

レコードを取得する際の検索条件(クエリ)を入力します。kintone API の query パラメーターの情報をそのまま入力してください。

検索条件の記法については、Cybozu公式のドキュメントをご参照ください。

例)

文字列_0 = "テスト"

Customine の式を用いてフィールドやアクションの結果値をクエリに埋め込むことも可能です。この場合、式の結果値に対し kintone クエリとしてのエスケープは行われません。エスケープが必要な場合は、「クエリで条件を指定してレコードを取得する」をご利用ください。エスケープについては、上記Cybozu公式ドキュメント中の「ダブルクォーテーションやバックスラッシュのエスケープ処理」節をご参照ください。

例)

文字列_0 = "${文字列_1}"

最大取得件数

取得件数を制限します。このパラメーター値を省略すると、検索条件に合致するレコードをすべて取得します。

合致するレコードの数が多いと、すべて取得するのは時間がかかります。そのような場合、このパラメーターを小さめの値にしておくと処理時間を短くすることができます。

ゼロ以下を指定するとエラーになります。

制限事項

  • kintone 標準の「検索条件」文法では、「limit 10」のように limit をつけて取得件数を制限する機能がありますが、「クエリで条件を指定してレコードを取得する(エスケープなし)」の「検索条件」ではこの構文は使えません。代わりに、「最大取得件数」パラメーターを使用してください。

関連記事