Job Runner

レコードをもとにレコードを追加する

概要

指定アプリに元になるレコードから新しいレコードの値をマッピングし、元になるレコードの数だけレコードを追加します。

使い方

「レコードをもとにレコードを追加する」を行うアクションよりも先に「kintone 接続設定を行う」を行うようにアクションを配置します。

マッピングの元になるレコードを何らかの方法で取得します。例えば「クエリで条件を指定してレコードを取得する」などが使用できます。このレコードを「元になるレコード」として指定します。

アクションの結果として、追加したレコードの集合がセットされます。但し、マッピングでセットされたフィールドしか参照できません。

フィールドに値をセットする」のようなフィールド値を変更するタイプの「やること」に、「レコードをもとにレコードを追加する」の結果値を「レコード」パラメーターとして渡せば、追加したレコードに対して更にフィールド値変更を行うことができます。

設定するパラメーター

「追加先アプリ」「追加先アプリの API トークン」「元になるレコード」「マッピング」「即時反映するかどうか」を設定します。

追加先アプリ

レコードを追加するアプリを選択します。

追加先アプリの API トークン

追加先アプリにアクセスするための API トークンを指定します。「kintone 接続設定を行う」を行うアクションの中から選択します。

その API トークンにはレコード追加権限が必要です。

元になるレコード

マッピングの元になるレコードを取得したアクションを選択します。

元になるレコードの取得元アプリについて、特に制限はありません。カスタマイズ中のアプリや追加先アプリと同じでも構いませんし、逆にどちらとも違うアプリでも指定可能です。

このレコードは複数行が含まれていても構いません。複数行含まれる場合、その各行に対して順次マッピングに基づいてレコード追加が行われます。レコード件数がゼロだった場合はレコード追加は行われません。

マッピング

レコードに登録する情報を入力します。

このパラメーターの詳しい記述方法はフィールドマッピングの記述方法を参照してください。

即時反映するかどうか

「即時反映しない(後でまとめて反映)」を選択した場合、アクションを実行しても直ちに kintone アプリへは反映されません。ある程度溜めてからまとめて kintone アプリへ保存する動きになります。

「即時反映する」の場合は、アクションの実行と同時に kintone アプリへレコード追加が反映されます。後続のアクションで kintone からレコードを取得しなおしたり、レコードIDが必要になる場合は、「即時反映する」を選択してください。

レコード取得条件の発生有無

条件 発生有無
レコード1行が準備できた時 発生しません
レコード全行が準備できた時 発生しません

Webhook 通知

本「やること」を実行しても更新先アプリの Webhook 通知は発生しません。