Amazon Connect で電話がかかってきた時

概要

Amazon Connect で電話がかかってきた時にアクションを実行します。

使い方

カスタマイズ中にこの条件がセットされているアプリを開くと、kintone アプリの上部に「Amazon Connect コントロールパネルを開く」ボタンが設置されます。このボタンを押すと、Amazon Connect コントロールパネルがポップアップウィンドウで開きます。着信した電話を取ったり、通話を終了するには、このコントロールパネルを使用します。

この条件はコントロールパネルで着信したタイミングで発動します。電話を取って通話を開始した時ではありません。通話を開始した時に条件を発動させたい場合は、「Amazon Connect で通話を開始した時」を使用してください。

設定するパラメーター

「インスタンスのエイリアス名」を指定します。

インスタンスのエイリアス名

Amazon Connect インスタンスのエイリアス名を入力します。この名前は、AWS マネジメントコンソールの画面で確認することができます。

旧バージョンとの動作の違いについて

バージョン 1.81(2020年2月27日リリース)以前の Customine を使用して「kintoneアプリへ登録」している場合、「Amazon Connect コントロールパネルを開く」ボタンは表示されず、自動的に Amazon Connect コントロールパネルが開きます。

バージョン 1.82(2020年3月5日リリース)以降では、コントロールパネルは自動で開かなくなり、代わりにボタンが設置されるように変更されました。

注意事項

Customine で Amazon Connect 連携を使用する場合、Amazon Connect 側の設定で、ご使用中の kintone ドメインを「承認済みオリジン」として設定しておく必要があります。

注意事項

この条件は、アプリを開いた段階ですでに着信していてまだ電話を取っていない、というケースでも発動します。そのため、この条件に対して画面遷移を行うようなアクションを設定する場合は注意深く行ってください。

例えば、「Amazon Connect で電話がかかってきた時」に同じアプリの画面を別タブで開くようなカスタマイズをしていると、新しく開いたタブの方でも「Amazon Connect で電話がかかってきた時」が発動してしまい、電話を取るまで延々とタブが開き続けます。