Job Runner

日付を計算する

概要

日付に日数、月数、年数を加算したり減算したりします。結果は他のアクションから参照できます。

使い方

「日付を計算する」をセットしたアクションを実行すると、アクションの結果としてその日付が内部に保存されます。保存された日付は、式を使用して、「=$1」などで取得できます。保存された日付は、kintone の日付フィールドにそのままセットできる形式になっています。ただし時刻の情報はありませんので、日時フィールドにセットすることはできません。

例)計算結果の日付を、他のアクション(「レコードを追加する」)で使用する例

  1. 「日付を計算する」を設置します。アクション番号が1番だったとします。
  2. レコードを追加する」の「マッピング」で、セットしたい日付フィールドに対して「=$1」と入れます。 (「日付を計算する」のアクション番号が2番だったら、「=$2」とします)

設定するパラメーター

「基準日」「右辺値」「計算内容」を設定します。

基準日

基準となる日付を入力します。

日付フィールドや日時フィールドの値を参照したい場合

=日付_2

のように、「=」をつけてフィールドコードで参照してください。

現在の日付の日付を基準としたい場合は

=today()

と入力します。

空の値や日付として解釈できない値の場合、実行時にエラーが発生します。

右辺値

加算したい日数・月数・年数の数値を整数で指定します。

例えば、「基準日から3か月後」を計算したい場合は、「計算内容」で「○か月後」を選択し、「右辺値」を「3」にします。

マイナスの値を入力することも可能です。「右辺値」を「-3」にし、「計算内容」を「○か月後」とした場合、「基準日から3か月前」が計算されます。

値が空の場合は実行時にエラーが発生します。ゼロの場合はエラーにはなりません。

計算内容

「○日後」「○週後」「○か月後」「○か月後の月初」「○か月後の月末」「○年後」から選択します。