日付から曜日を取得する

概要

日付から曜日を取得して他のアクションから参照できるようにします。

使い方

取得した曜日をフィールドに入れたい場合、「セット先フィールド(省略可)」パラメーターにそのフィールドを選択します。

取得した曜日をすぐフィールドに入れるのではなく、他のアクションで使いたい場合は数式を利用します。

「日付から曜日を取得する」をセットしたアクションを実行すると、アクションの結果としてその曜日文字列が内部に保存されます。

保存された曜日は、数式を使用して、「=$1」などで取得できます。

保存された曜日は日付情報が含まれない形になりますので、kintone の「日付」フィールドへセットすることはできません。 「文字列(1行)」等のフィールドへはセット可能です。

例)取得した曜日を、他のアクション(「レコードを追加する」)で使用する例

  1. 「日付から曜日を取得する」を設置します。アクション番号が1番だったとします。
  2. レコードを追加する」の「マッピング」で、セットしたい日付フィールドに対して「=$1」と入れます。 (「日付から曜日を取得する」のアクション番号が2番だったら、「=$2」とします)

設定するパラメーター

「日付」「言語」「書式」を設定します。

日付

曜日を計算したい日付を入力します。

日付フィールドや日時フィールドの値を参照したい場合

=日付_2

のように、「=」をつけてフィールドコードで参照してください。

現在の日付の曜日を計算したい場合は

=today()

と入力します。

言語

曜日をどの言語の文字列で得るかを指定します。

ここで選択した言語が「日本語」や「英語」の場合、ログインユーザーの言語設定にかかわらず、指定した言語となります。

「ログインユーザーの言語」を選ぶと、ユーザーが kintone のプロフィール設定で設定した言語に応じます。 ただし中国語には対応していません。プロフィールで中国語を選択しているユーザーには英語の曜日名が結果になります。

書式

長い形式で表示するか、短い形式で表示するかを選択します。

日本語で長い形式の場合は「水曜日」のような結果になり、短い形式の場合は「水」のような結果になります。

セット先フィールド(省略可)

取得した日付を他のフィールドにセットする場合に指定します。直接フィールドにはセットせず、結果を別のアクションで使用したい場合は、省略できます。

制限事項

中国語には対応していません。 「言語」に「ログインユーザーの言語」を選んだ場合、プロフィールで中国語を選択しているユーザーには英語の曜日名が結果になります。

使用例