Job Runner

LINE WORKS にメッセージを投稿する

概要

LINE WORKS のトークルームにメッセージを投稿します。

使い方

LINE WORKS 側でいくつかの準備、情報取得が必要です。

  • LINE WORKS の接続設定を行う」で設定した LINE WORKS アプリで OAuth Scopes に bot を追加する。
  • Bot を作成し、この Bot をトークルームに招待しておく。
  • 送信先トークルームの ID を確認する。

Customine のカスタマイズでは、事前に「LINE WORKS の接続設定を行う」を設置しておきます。

設定するパラメーター

「接続設定」「Bot ID」「トークルームID」「メッセージ」を設定します。

接続設定

LINE WORKS の接続設定を行う」をセットしたアクションを指定します。

Bot ID

送信者となるユーザーの Bot の ID を指定します。

LINE WORKS 上では、この Bot が発言したような表示になります。

トークルームID

メッセージ送信先のトークルームIDを指定します。

メッセージ

送信するメッセージを入力します。このメッセージが LINE WORKS 内でチャットメッセージとして表示されます。

メッセージ内に式を使用する場合は ${式} を使用します。

制限事項

  • LINE 独自の絵文字やスタンプは使用できません。

  • リッチエディター形式には対応していません。リッチエディターフィールドの値を ${リッチエディター} で送ると HTML 文字列がそのまま送られます。

  • 画像やファイルを送ることはできません。