フィールドの入力に合わせてフリガナを自動入力する

概要

フィールドの入力を監視して、入力に合わせて自動的に別のフィールドへフリガナを入力します。

使い方

例えば「入力フィールド」に「お名前(漢字)」、「フリガナフィールド」に「お名前(カナ)」のように指定すると、ユーザーが「お名前(漢字)」フィールドで名前を入力すると、そのフリガナが自動的に「お名前(カナ)」に入力されます。

この「やること」をセットしたアクションを実行すると、「入力フィールド」内でのユーザー入力をリアルタイムにチェックし、入力の途中過程で一時的にセットされたひらがなを、「フリガナフィールド」へセットします。その結果、かな漢字変換を用いて入力を行うと、「フリガナフィールド」に変換前のひらがながセットされるという仕組みになります。

このような仕組み上、予測変換から入力した場合は、一部のフリガナしか認識できません。また、ブラウザーの機能により自動的に入力フィールドへ値がセットされた場合もフリガナは認識されません。

入力済みの単語や文章に対して読み仮名(ルビ)を振る機能ではありませんので、ご注意ください。

設定するパラメーター

「入力フィールド」「フリガナフィールド」「ひらがな or カタカナ」を設定します。

入力フィールド

ユーザーの入力を監視するフィールドを指定します。

指定可能なフィールドタイプは「文字列(1行)」のみです。

テーブル内のフィールドは指定できません。

フリガナフィールド

フリガナを自動でセットするフィールドを指定します。

「入力フィールド」と同じフィールドは指定できません。

指定可能なフィールドタイプは「文字列(1行)」のみです。

テーブル内のフィールドは指定できません。

ひらがな or カタカナ

フリガナをひらがなにするかカタカナにするかを選択します。

krewSheet 対応状況

対応していません。

制限事項

  • レコード追加画面、レコード編集画面のいずれかのみで使用可能です。

    • レコード一覧画面インライン編集モード(鉛筆アイコンを押して編集モードになった状態)には対応していません。
  • 「入力フィールド」への値のセット方法が以下の場合、フリガナの一部または全部が認識されません。

    • ユーザーの入力以外の方法でセットした場合
    • カタカナ入力だった場合
    • 予測変換した場合
    • ブラウザーの機能で自動的にセットされた場合
  • ユーザーの入力をどの程度まで捉えることができるかどうかはブラウザーや日本語入力環境に依存します。