フィールドの選択を解除する

概要

複数の選択肢を選択できるタイプのフィールドで、現在選択されている状態の項目の選択を解除し、未選択状態にします。

使い方

例えばフィールドがチェックボックスで、アプリの設定で「朝食」「昼食」「夕食」「夜食」という4つの選択肢が設定されていたとします。

レコードの編集画面でユーザーが「朝食」「昼食」という2つの選択肢を選択している状態で、「解除する値」に「朝食」をセットしたアクションを実行すると、「朝食」の選択が外れて「昼食」のみを選択している状態になります。

「解除する値」にしていした選択肢が、まだ選択されていない状態の場合、特にエラーにはなりません。上の例で、ユーザーが「朝食」「昼食」を選択している状態で「夕食」を解除しようとした場合、エラーは発生せず、選択は「朝食」「昼食」のままになります。

設定するパラメーター

「フィールド」「解除する値」を設定します。

フィールド

対象のフィールドを選択します。

解除する値

解除する値を指定します。

以下のような式を使用して、複数の値を解除することも可能です。

=["朝食", "昼食"]

フィールドがユーザー選択の場合は、ログイン名を指定します。表示名ではありません。

グループ選択、組織選択の場合、グループコード、組織コードをを指定します。

制限事項

選択できるフィールドは以下のタイプです。

  • チェックボックス
  • 複数選択
  • ユーザー選択
  • グループ選択
  • 組織選択
  • カテゴリー

krewSheet 対応状況

対応しています。

但し、例えば「ルックアップでコピーされるフィールド」のような「krewSheet で編集できないフィールド」では動作しません。また、プラグインの設定で krewSheet に含めていないフィールドでも動作しません。

使用例