Job Runner

フィールドに値をセットする

概要

フィールドに指定の値をセットします。

使い方

この「やること」をセットしたアクションを実行すると、指定されたレコードに指定したフィールド値をセットします。フィールド値が元の値から変更される場合、レコードの保存が予約されます。変更されたレコードはすぐには保存されず、ジョブ内の全アクションが終了した後に自動的に保存されます。変更されたレコードを別のタイミングで保存したい場合は「値が変更されているレコードを保存する」を使用します。

自動保存時に「セット先レコード」のアプリに対してレコード編集権限を持った API トークンが必要になります。別のアクションで「kintone 接続設定を行う」を行い、API トークンを設定しておいてください。

セット先フィールドがルックアップフィールドの場合、「セット先レコード」のアプリに加え、ルックアップが参照するアプリ(コピー元のアプリ)に対するレコード閲覧権限を持ったAPI トークンも合わせて必要になります。別のアクションで「kintone 接続設定を行う」を行い、API トークンを設定しておいてください。

設定するパラメーター

「セット先レコード」「フィールド」「値」を設定します。

セット先レコード

セット対象となるレコードを取得したアクションを選択します。

複数行のレコードが含まれる場合、それぞれのレコードに対して処理されます。レコードが1行もない場合は何も行われません。

フィールド

セット先のフィールドを選択します。

以下のフィールドタイプは選択できません

  • 計算
  • 添付ファイル
  • 作成者
  • 作成日時
  • 更新者
  • 更新日時
  • カテゴリー
  • ステータス
  • 作業者
  • テーブル
  • 関連レコード一覧
  • グループ
  • スペース

テーブル内のフィールドは選択できません。

セットする値を設定します。

Excel の式のように、「=」で始まる文字列を記述することで、計算式を指定することができます。計算式を指定すると、アクション実行時にその計算式が計算されて、値がセットされます。計算式ではフィールドコードで他のフィールドを参照することも可能です。

例)以下の例は、「氏名」フィールドの値と「email」フィールドの値をスペースで区切ってセットします。

=氏名 & " " & email

制限事項

  • セット先のフィールドとして「文字列 (複数行)」フィールドを選択することも可能ですが、「値」パラメーターで改行を入れることができません。改行を含む「値」をセットしたい場合、「文字列(複数行)」専用の「文字列(複数行)フィールドに値をセットする」を用いてください。

使用例