Job Runner

西暦を和暦に変換する

概要

文字列、または日付フィールドを元に和暦に変換し、別のフィールドへセットします。

使い方

変換した元号、和暦年数をフィールドにセットする場合は、そのフィールドをアプリに作成しておき、「元号のセット先」「和暦年数のセット先」でそのフィールドを選びます。

変換した元号、和暦年数を、個別のフィールドに分けて登録するのではなく、「平成30年」のように1つの文字列としてフィールド等に入れたい場合は、以下のようにします。

  1. 「元号のセット先」「和暦年数のセット先」は設定せず省略しておきます。
  2. フィールドに値をセットする」を設置し、その「値」を計算機能を用いて以下のように設定します。
= $1.era & $1.year & "年"
  • $1 の部分は、「西暦を和暦に変換する」をセットしたアクションの番号を指定してください。例えばアクション番号が3だった場合は、$3とします。
  • $1.era が「平成」などの元号部分、$1.year が年数部分を表します。

「元号のセット先」「和暦年数のセット先」のいずれかが指定されている場合、この「やること」をセットしたアクションを実行してフィールド値が元の値から変更されると、レコードの保存が予約されます。変更されたレコードはすぐには保存されず、ジョブ内の全アクションが終了した後に自動的に保存されます。変更されたレコードを別のタイミングで保存したい場合は「値が変更されているレコードを保存する」を使用します。

自動保存時に「レコード」のアプリに対してレコード編集権限を持った API トークンが必要になります。別のアクションで「kintone 接続設定を行う」を行い、API トークンを設定しておいてください。

設定するパラメーター

「レコード」「変換元の日付」「元号のセット先」「和暦年数のセット先」を設定します。

レコード

処理対象となるレコードを取得したアクションを選択します。

複数行のレコードが含まれる場合、それぞれのレコードに対して処理されます。レコードが1行もない場合は何も行われません。

複数のレコードが含まれる場合、アクションの結果は最後の1行に対するものだけが残ります。

変換元の日付

西暦で記録された日付を持つフィールドを選択します。

以下のフィールドタイプから選択することができます。

  • 文字列(1行)
  • 日付
  • 日時
  • 作成日時
  • 更新日時

テーブル内のフィールドは選択できません。

文字列(1行)のフィールドを選ぶ場合、正しい日付形式で値がセットされている必要があります。

元号のセット先

元号をセットするフィールドを選択します。省略可能です。

文字列(1行)のみ選択できます。

テーブル内のフィールドは選択できません。

省略した場合、元号はフィールドにセットされません。省略しても他のアクションから参照することは可能です。

和暦年数のセット先

和暦年数をセットするフィールドを選択します。省略可能です。

文字列(1行)または数値フィールドを選択できます。

テーブル内のフィールドは選択できません。

元号の初年は「元年」ではなく「1」になります。

省略した場合、和暦年数はフィールドにセットされません。省略しても他のアクションから参照することは可能です。

制限事項

  • 対応している元号の範囲は明治以降令和までです。慶応以前には対応していません。