カスタマイズ

レコードを書き出す

概要

クエリで条件を指定してレコードを取得する」など、レコードを取得するアクションで取得したレコードを、書き出します。

同じアプリにフィールドの値を書き換えながら書き出すこともできますし、別にアプリに新しいレコードとして書き出すことも可能です。

使い方

同様の「やること」に「レコードを1つずつ書き出す」がありますが、以下の2点が異なります。

  • 「レコードを書き出す」はレコードをまとめて保存するのに対し、「レコードを1つずつ書き出す」は1レコードずつ保存します。
    • その結果、「レコードを1つずつ書き出す」では書き出し先アプリに「レコードの編集」に対する Webhook が設定されていればその Webhook に通知が発生します。「レコードを書き出す」では Webhook 通知は発生しません。
  • 「レコードを書き出す」では別のアプリへ新規レコード追加として書き出すことができますが、「レコードを1つずつ書き出す」では同じアプリのレコードへの上書き保存しかできません。

設定するパラメーター

「レコード」「書き出し先アプリ」「マッピング」「更新または挿入」を設定します。

レコード

書き出し元となるレコードを取得したアクションを指定します。

書き出し先アプリ

書き出し先のアプリを選択します。

元となるレコードと同じアプリでも、異なるアプリでも構いません。

マッピング

書き出すレコードのフィールド値を設定します。

このパラメーターの詳しい記述方法はフィールドマッピングの記述方法を参照してください。

フィールドの値を空にした場合、空の値を書き出すのではなく、そのフィールドは書き出しません。 更新の場合は元のレコードの値を維持し、挿入の場合はアプリ設定上の初期値がセットされることになります。

この「レコードを書き出す」のマッピングでは、「セットする値」に記載したフィールドは、書き出し元のレコードのアプリのフィールドになります。

更新または挿入

「既存レコードを更新」を選んだ場合、書き出し元と同じレコードの値を上書き更新します。

「新規にレコードを挿入」の場合は上書きではなく別の新しいレコードを作成・挿入します。

「既存レコードを更新」は、書き出し元のレコードの取得元アプリと、「書き出し先アプリ」は同じアプリである必要があります。

競合の検出について

「既存レコードを更新」の場合、更新の競合はチェックされます。

「新規にレコードを挿入」はチェックされません。

Webhook 通知

本「やること」を実行しても更新先アプリの Webhook 通知は発生しません。

使用例