日付や時刻をフォーマットする

概要

日付や時刻のデータを、指定の書式に変換します。

使い方

日付の元データは、式を使用して、フィールドや他のアクションの結果を参照することができます。

フォーマットした結果を別のフィールドに入れたい場合、「セット先フィールド(省略可)」パラメーターにそのフィールドを選択します。

フォーマットした結果をすぐフィールドに入れるのではなく、他のアクションで使いたい場合は数式を利用します。

変換してできた文字列は、アクションの結果としてセットされます。

結果を取り出したい場合は、式を使用して、他のアクションで、このアクションを参照するようにします。

例えば「日付や時刻をフォーマットする」アクションが1番だった場合、「フィールドに値をセットする」の「値」パラメーターなどで

=$1

のように指定すると、取り出すことができます。

設定するパラメーター

「日付/時刻」「日付の書式」「時刻の書式」を設定します。

日付/時刻

日付や時刻の値を指定します。

日付フィールドや日時フィールドの値を参照したい場合

=日付_2

のように、「=」をつけてフィールドコードで参照してください。

現在の日付・時刻を表示したい場合

=now()

と入力します。

日付の書式

いくつかのパターンから選択できます。

変換元のデータが時刻のみで日付を含まない場合、「日付表示なし」を選択してください。

変換元データが「日時」のように日付を含む場合に「日付表示なし」を選択することも可能です。

時刻の書式

12時間表記か24時間表記かを選択できます。

変換元のデータが日付のみで時刻を含まない場合、「時刻表示なし」を選択してください。

変換元データが「日時」のように時刻を含む場合に「時刻表示なし」を選択することも可能です。

セット先フィールド(省略可)

フォーマット結果を他のフィールドにセットする場合に指定します。直接フィールドにはセットせず、結果を別のアクションで使用したい場合は、省略できます。

他の方法

アクションを使用せずに、数式で関数を使ってフォーマットする方法もあります。

フィールドに値をセットする」の「値」パラメーターなどで

=format(日付_2, "YYYY/MM/DD")

のように、format関数を指定することができます。

アクションを挟まずに直接フォーマットできるのが利点ですが、”YYYY/MM/DD” のようなフォーマット指定のルールを理解する必要があり、上級者向けの機能になります。

この方法の応用として、以下のような数式で、日付フィールドの曜日を取得することができます。曜日は、kintone にログインしているユーザーの言語設定に応じて表示されます。

=format(日付_2, "dddd")

使用例