Job Runner

自動採番を行う

概要

自動的に採番を行ってフィールドにセットします。

使い方

アクションが実行されると gusuku のサーバーに通信を行い、取得した値を指定フィールドにセットします。

アクションの結果として採番した値が配列形式でセットされます。配列の要素数は「レコード」パラメーターに含まれるレコードの行数と同じになります。配列内の各値は、ゼロ埋めや前につける文字列(プレフィックス)、後ろにつける文字列(サフィックス)といった書式を適用した後の形式になります。

この「やること」をセットしたアクションを実行してフィールド値が元の値から変更される場合、レコードの保存が予約されます。変更されたレコードはすぐには保存されず、ジョブ内の全アクションが終了した後に自動的に保存されます。変更されたレコードを別のタイミングで保存したい場合は「値が変更されているレコードを保存する」を使用します。

自動保存時に「レコード」のアプリに対してレコード編集権限を持った API トークンが必要になります。別のアクションで「kintone 接続設定を行う」を行い、API トークンを設定しておいてください。

設定するパラメーター

「レコード」「フィールド」および採番ルールを決めるパラメーターを設定します。

レコード

処理対象となるレコードを取得したアクションを選択します。

複数行のレコードが含まれる場合、採番はこのレコードの数だけまとめて行われ、各レコードに対して採番された値をセットします。処理途中でエラーが発生しない限り、連続した番号になります。

フィールド

採番した値をセットする先のフィールドを選択します。

選択できるフィールドタイプは以下の通りです。

  • 文字列(1行)
  • 数値

テーブル内のフィールドは選択できません。

フィールドの値は、ゼロ埋めなどのフォーマットされた状態でセットされます。

すぐにはフィールドに値をセットせずに、採番した値を別のアクションで使用したいなどの場合、このパラメーターは省略することができます。

アプリ単位の採番

「なし」を選んだ場合、採番される番号はドメイン全体での連番になります。

「アプリ単位で採番」を選ぶと、連番はアプリ毎に管理されます。

ゼロ埋め

ゼロ埋めする場合、次の桁数で指定した桁数に満たない場合にゼロ埋めされます。

ゼロ埋め「する」の場合、桁数は必ず1以上の値を設定してください。

例えばゼロ埋め「する」で桁数「8」の場合、採取した番号が「1」だったら、フィールドに「00000001」という値がセットされます。

桁数

ゼロ埋めする場合の最大桁数を指定します。ゼロ埋めしない場合はこのパラメーターは無視されます。

採取した番号がこの桁数を超えた場合、桁数のカットは__行われません__。例えば桁数「3」で「1234」という番号が採取された場合、「123」や「234」にカットされるのではなく、「1234」という値がそのままセットされます。

前につける文字列(プレフィックス)

採取した番号の手前に固定文字列を付けたい場合に指定します。

後ろにつける文字列(サフィックス)

採取した番号の後ろに固定文字列を付けたい場合に指定します。

採番サイクル

「なし」を選ぶと番号がリセットされることはありません。

「月単位で採番」を選ぶと、翌月には連番が1にリセットされます。

「年単位で採番」を選ぶと、年初の1月1日に連番が1にリセットされます。

「年度(4月開始)単位で採番」を選ぶと、4月1日に連番が1にリセットされます。

タイムゾーン

採番サイクルで月単位や年単位を選んだ場合、どの国・地域の時刻を基準にするかを選択します。

採番キー

独自に採番キーを設定したい場合にこのパラメーターをセットします。省略可能です。

複数のアクションで「自動採番を行う」場合、「採番キー」省略時は「フィールド」で指定したフィールドコードが同じものが同じ採番グループとして通し番号が発行されます。「採番キー」を指定すると、フィールドではなく、同じ「採番キー」を指定したものが同じ採番グループになり、その中での通し番号が発行されます。

制限事項

  • 一度に採番できる上限は10万件です。「レコード」の行数が10万を超える場合はエラーになります。

  • 「フィールド」で数値タイプのフィールドを選んだ場合、プレフィックスやサフィックスをつけると、レコード保存時にエラーになります。

使用例