AWS アクセスキーを設定する

概要

AWS にアクセスするためのアクセスキーを設定します。

AWS Lambda ファンクションを実行する」などのアクションを実行する際、 ここで設定したアクセスキーで認証を行います。

使い方

事前に AWS のマネージメントコンソールなどで、IAM ユーザーなどを作成し、アクセスキーを作成してください。

続いて、必要なアクセス権を設定します。 例えば、この認証情報で「AWS Lambda ファンクションを実行する」を実行したい場合、 作成した IAM ユーザーに、目的の Lambda ファンクションを実行する権限などを与えます。

※ セキュリティの観点から、必要以上に大きな権限を与えないことをお勧めします。

設定するパラメーター

「アクセスキーID」「シークレットアクセスキー」を設定します。

アクセスキーID

アクセスキーIDを指定します。

シークレットアクセスキー

シークレットアクセスキーを指定します。

この情報は暗号化して保存されます。

セキュリティ上の注意

設定するアクセスキーの IAM には、必要最小限の権限のみに設定しておくことをお勧めします。

シークレットアクセスキーは暗号化されますが、 「AWS Lambda ファンクションを実行する」などのアクションを実行する時に ブラウザー内で暗号解除されます。 可能な限り読み取られにくいようにしてありますが、100%安全ではありません。

将来的に、シークレットアクセスキーをサーバーに保管し、 ブラウザーからシークレットアクセスキーは一切見えないようにする改良も検討中です。