年齢を計算する

概要

日付フィールドを元に年齢を計算し、別のフィールドへセットします。

使い方

計算した年齢をフィールドにセットする場合は、そのフィールドをアプリに作成しておき、「年齢をセットするフィールド」でそのフィールドを選びます。

計算した年齢を、単なる数字ではなく「満30歳」のように書式を加工してフィールド等に入れたい場合は、以下のようにします。

  1. 「年齢をセットするフィールド」は設定せず省略しておきます。
  2. フィールドに値をセットする」を設置し、その「値」を計算機能を用いて以下のように設定します。
= "満" & $1 & "歳"
  • $1 の部分は、「年齢を計算する」をセットしたアクションの番号を指定してください。例えばアクション番号が3だった場合は、$3とします。

設定するパラメーター

「誕生日」「基準日」「年齢をセットするフィールド」を設定します。

誕生日

誕生日を表す日付が入力された日付フィールドまたは日時フィールドを選択します。

日時フィールドを選択した場合、時刻は計算に考慮されません。

テーブル内のフィールドを指定した場合、特別な場合(*1)を除き、テーブル内のすべての行に対して処理されます。

(*1) 条件側で、「フィールドの値を編集して値が変わった時」のように、テーブル行を限定するように条件が入っている場合は、対象の行だけ処理されます。

基準日

いつの時点での年齢を計算するのかを指定します。

省略可能で、省略した場合はアクションを実行した日における年齢を計算します。アクションを実行した日付は、ユーザーの kintone プロフィール設定の「タイムゾーン」に基づきます。タイムゾーンが「(UTC+09:00) 大阪、札幌、東京」の場合は日本時間になります。

基準日をフィールドの値から取りたい場合は、式を使用します。以下の例では、フィールドコードが「日付_2」のフィールドの値を基準日として使用します。

= 日付_2

日付を計算するタイプのアクションの結果を指定することもできます。例えば「特定の日付を取得する」の結果を基準日としたい場合、そのアクションが1番であれば、以下のように指定します。

= $1

年齢をセットするフィールド

計算結果をセットする先のフィールドを指定します。省略可能です。

選択可能なフィールドタイプは以下の通りです。

  • 文字列(1行)
  • 文字列(複数行)
  • リッチエディター
  • 数値

省略した場合、年齢はフィールドにセットされません。省略しても他のアクションから参照することは可能です。

「誕生日」でテーブル内のフィールドを選択した場合、「年齢をセットするフィールド」も同じテーブルからフィールドを選択する必要があります。

krewSheet 対応状況

対応しています。

但し、例えば「ルックアップでコピーされるフィールド」のような「krewSheet で編集できないフィールド」にはセットできません。また、プラグインの設定で krewSheet に含めていないフィールドにもセットできません。

使用例